ConoHaには2つのデメリットがあります。

簡単にサーバーが立てられるConoHa VPSですが、メリットもあればデメリットも存在します。それはどんなデメリットなのかという話をこの記事で紹介したいと思います。

管理者権限が簡単に手に入らない


管理者権限を手に入れる為にはコンソールから設定しないといけません。

確かにConoHaは自動でサーバーを立ててくれるのですが、それは何も設定していないサーバーを作ってくれるだけです。一番最初に管理者権限を付与するにはコンソールからファイルを弄ってようやく手に入れることができます。

黒い画面で難しそうなコマンドを使うのが苦手という人にはデメリットとなるでしょう。

でも、ほかのレンタルサーバーならもっと大変

でもConoHaは一番面倒な作業を自動化してくれます。

実は権利者権限を手に入れるのはとても簡単です。それよりもコマンドを使ってサーバーを立てる方が何百倍も大変です。

Javaをインストールして、最新のサーバーをダウンロードして…、めっちゃ作業量が多い。

レンタルサーバーで唯一、その面倒なサーバー構築を自動化してくれるのがConoHaだけです。普通なら0からなのを、ConoHaは70から始める感じです。

黒い画面が苦手という人こそConoHaでサーバーを立てて面倒な作業をスキップしましょう。

お金がかかる


レンタルサーバーなのでお金が必要になります。

ConoHaでサーバーを立てるのに最低限必要なプランは1GBで月額900円です。なので最低、月900円が必要になってきます。ConoHaの推奨の2GBプランなら月額1,750円です。

自分で立てれば無料なので、お金がかかるという点でデメリットでしょう。

他と比べたら安い

サーバー初期費用月額
ConoHa VPS0円900円
Sakura VPS1,200円972円
Minecraft Realms0円904円

よく比較される2つと比べてみるとその安さが分かります。

まずConoHaには初期費用がかかりません。初期費用はサーバーを準備する際に一回だけ最初に払わないといけないお金なのですが必要ありません。Sakura VPSの場合1,200円もかかるので0円なのは大きいですよね。

また月額で比べてみてもConoHaが一番安い結果になりました。安いからといって性能が劣っているわけではありませんむしろ一番良いです。

上の表だけをみるとMinecraftの公式が提供しているRealmsもいいように見えますが、プレイ人数に制限があったり、自由に弄れない所を考慮すると選ばないのが無難で現実です。

そうするとお金がかかるといってもConoHaが一番コスパがいいレンタルサーバーだということが分かります。

キャンペーンで安くなる時がねらいめ



ConoHaは時々キャンペーンを実施しています。

いまだと8/31 18:00までに2GBプランに新規申込すると10%OFFされます。簡単にいえば通常の値段より安く試せるということです!

なので迷ってるぐらいなら、いまうちに試すことをオススメします。

さいごに



ConoHaのデメリット2つを紹介しました。

デメリットといっても普通のことかもしれませんね。デメリットを探してみたのですが見つからないんですよ。それぐらい便利だということです。

アカウント登録 → プラン選択 → サーバーに接続』この3ステップでサーバーを立ててマルチプレイできます。キャンペーンも実施中なので一回使ってみてはどうでしょうか。

おすすめの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です