【PE】スキン作成アプリ『Skin Editor for Minecraft PE』の使い方

前回は、MinecraftPEの自作スキンの作成方法を紹介しました。
『Skin Editor for Minecraft PE』というアプリを使用してスキンの編集をしたのですが、詳しい使い方を説明していなかったので説明したいと思います。

私は始めてこのアプリを使ったのですが、感覚を頼りにして適当に触っているだけでも十分使える程簡単でした。初心者の方でも安心して使う事ができます。

このアプリを導入済みを前提として進めて行くので
まだインストールしていない方は、ここからインストールしておいてください!

準備

Screenshot_2015-06-09-10-02-00
初めて起動した時はファイルがないので、Nothing foundと表示されます。
New → Humanと選択する事でスキンの編集画面まで進めれるので、そこまで進めましょう。

ファイルがある時つまり次回からは、右下に+がでるので、+をタップすると同じ画面になります。後は今回と同じように作成できます。

20150609-122013-638
Humanをタップするとこのような画面にでると思います。
シェア/公開・ビュー・編集と大きく分けて3つに分かれています。

SHAREやUPLOADは基本的に他人に見せたりする以外には必要ありません。
Show Overlayは現在の編集状態を確認する事ができます。画面をスライドする事で、向きを変える事ができるので違う場所を見たい時はスライドしてみましょう。
Pick a Partはスキンをパーツ毎に分けた物になっていて、編集したい部分をタップする事で編集画面に行き、そのパーツを編集する事ができます。

編集画面

20150609-214558-338
パソコンなどで絵を描いた事がある人には殆どの機能が分かるとはずです。

パレットで色を自由に選択できるので、色を選んでペイントに変更して色を塗ります。
間違えた所は消しゴムを使って消すか、戻すボタンをタップする事で戻せるので安心!

もし、どの色か分からなった…同じ色が作れなくなった…という場合は、スポイドを使って色を抜き取りましょう!色は下の方に保存されています。

画像ではボディーを選択しているのですが、体は4つの面があります。上のツールバーの所に今描いている場所の名前が書いてあるのですが、そこをスライドすると違う面に切り替えることができるので、全て描いておきましょう!

1面だけしか描いていないと、前の方しか描けていなくて残念な事になってしまいます。

最初にもいった通りビューで現在の状況が見れるので、少し描いたら戻って確認と繰り返すと大きな間違えなどが少なくなります。
スキンの保存は自動でしてくれるので、自分でする必要はありません!

スキンをPEに反映

Screenshot_2015-06-06-20-50-36
PEの設定→スキンのカスタムを選択するとPick Skinというのがあるのでタップして選択すると、自動保存されたスキンがあるはずなので、タップするだけでスキンを反映してくれます。
すごい簡単ですね!後は、スキンを描く画力が高めるだけ…。

最近人気の無料ゲーム!『ハンターヒーロー』

おすすめの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です