初ログインの初期アイテムを配布できる「StarterKit」の紹介と設定方法




starterkit

初めてログインした人にだけアイテムをあげたい。生活鯖を立てようと思っている人は一度は考えたことがあると思います。

食料や簡単なツールを初期アイテムとして貰えるだけでも序盤の過ごしやすさが違いますもんね。この初めてログインした人にだけアイテムを配布するというのを実装してくれるのが今回紹介する『StarterKit』です。

ダウンロード

pluginの導入の方法が分からない方は『Bukkitプラグインの導入方法』を参考にしよう。

コマンドとパーミッション

コマンド説明
/skヘルプOP
/sk listKitの内容を表示OP
/sk saveKitを保存OP
/sk load [player]KitをロードOP
パーミッション説明
starterkit全ての権限
starterkit.list/sk list コマンドの権限
starterkit.load/sk load コマンドの全ての権限
starterkit.load.self/sk load コマンドで自分自身にロードできる権限
starterkit.load.others/sk load コマンドで他人にロードできる権限
starterkit.save/sk save コマンドの権限

使い方と設定

save
配布したい装備とアイテムをまずインベントリに揃えます。配布したいアイテム類が揃ったら/sk saveコマンドを実行してkitを保存します。

Inventory replaced with the StarterKit.とログが表示されたら保存完了です。

/sk loadコマンドを実行すると保存したKitをロードすることができるので確認を兼ねて実行しておきましょう。保存するとconfig.ymlに以下のように保存されます。

kit:
  backpack:
    ==: InventoryKit
    '3':
      ==: org.bukkit.inventory.ItemStack
      type: WOOD_SPADE
    '2':
      ==: org.bukkit.inventory.ItemStack
      type: WOOD_PICKAXE
    '1':
      ==: org.bukkit.inventory.ItemStack
      type: APPLE
      amount: 10
    '0':
      ==: org.bukkit.inventory.ItemStack
      type: WOOD_SWORD
    '4':
      ==: org.bukkit.inventory.ItemStack
      type: WOOD_AXE
  armour:
    ==: ArmourKit
    '3':
      ==: org.bukkit.inventory.ItemStack
      type: LEATHER_HELMET
      meta:
        ==: ItemMeta
        meta-type: LEATHER_ARMOR
        enchants:
          PROTECTION_ENVIRONMENTAL: 4
        repair-cost: 1
    '2':
      ==: org.bukkit.inventory.ItemStack
      type: LEATHER_CHESTPLATE
    '1':
      ==: org.bukkit.inventory.ItemStack
      type: LEATHER_LEGGINGS
    '0':
      ==: org.bukkit.inventory.ItemStack
      type: LEATHER_BOOTS

初ログイン時だけではなく、死んでリスポーンする度にアイテムを配布したい場合はConfigの以下の所を変更します。

provide-kit-on-death: false #false → true

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です