JEI Integration

名前 JEI Integration
作者 SnowShock35
前提MOD Minecraft Forge, Just Enough Items (JEI)
配布先 https://www.curseforge.com/minecraft/mc-mods/jei-integration

JEI Integrationとは


JEI Integrationとは、Just Enough Items (JEI)用のアドオンです。

このMODを導入すると、MOD開発者や詳細な情報が知りたいプレイヤーに有益な情報をツールチップに表示してくれます。例えば、「ID」「NBT Data」「Metadata」などです。

通常のサバイバルでは必要ありませんが、コマンドをよく使う人には便利な情報が表示されます。

初期設定ではツールチップが表示されないので、configフォルダにある「jeiintegration-client.toml」を以下の通りに編集してください。メモ帳で開くことができます。


# Configure the options below to one of the following: disabled, enabled, onShift, onDebug or onShiftAndDebug
[tooltip_options]
	# Configure tooltip for burn time. #燃焼時間
	burnTimeTooltipMode = "enabled"
	# Configure tooltip for durability.#耐久値
	durabilityTooltipMode = "enabled"
	# Configure tooltip for hunger and saturation. #空腹値と飽和値
	foodTooltipMode = "enabled"
	# Configure tooltip for max stack size.#最大スタック数
	maxStackSizeTooltipMode = "enabled"
	# Configure tooltip for NBT data. #NTB data
	nbtTooltipMode = "enabled"
	# Configure tooltip for registry name. E.g. minecraft:stone #レジストリ名
	registryNameTooltipMode = "enabled"
	# Configure tooltip for tags. E.g. forge:ingot, minecraft:planks #タグ
	tagsTooltipMode = "enabled"
	# Configure tooltip for translation key. E.g. block.minecraft.stone #翻訳キー
	translationKeyTooltipMode = "enabled"

#設定できる値
# disabled = 表示しない
# enabled = 表示する
# onShift = シフトを押している時だけ
# onDebug = F3+Hを押している時だけ
# onShiftAndDebug = F3+Hを押しながら、シフトを押している時だけ

JEI Integrationの導入方法

  1. JEI Integrationをダウンロードする
  2. modsフォルダに入れる。
  3. 動作確認する

JEI Integrationの前提MODは「Minecraft Forge」と「JEI」です。

配布ページからJEI Integrationをダウンロードしてmodsフォルダに入れましょう。configファイルを編集して、ツールチップが表示された大丈夫です。

前提MODであるJust Enough Items (JEI)について詳しくは以下の記事を参考にしてください。

JEI Integrationの配布先はこちら

100万円&豪華景品のチャンス!

レンタルサーバーで有名な「ConoHaVPS」が8周年記念キャンペーン中!!

総額100万円クーポンが貰えたり、
Switch」「iPad Pro」「HHKB」が当たるチャンス!

参加条件は「ConoHaアカウントを持っている
ことなので誰でも無料で出来ます。

持っていないならアカウントを作って参加しよう!

\ 8月4日(水) ~ 18:00 締め切り迫ってます! / キャンペーンサイトへ
シェアする
脱・初心者を目指すマインクラフト

コメント

悩みが解決しない場合

次の方法を試してみましょう。

Twitterで質問する

当ブログの管理者に質問してみましょう。絶対ではありませんが答えてくれるか、記事に書いてくれるかもしれません。

キーワードで検索する

悩みのキーワードを検索してみましょう。ブログにはたくさんの記事が投稿されています。