Bukkit・Spigotサーバーの立て方【マルチ】

前回の公式サーバーの立て方で、サーバーには大きく分けて2つの種類があることを説明しました。その時はBukkit(Spigot)言いましたが、この二つは本当は違う物です。

SpigotはBukkitの派生版で大規模なサーバー用に改良された物。Bukkitがお兄さんでSpigotが弟的存在って感じでしょうか。

予備知識を挟んだところで、今回はそのSpigotサーバーの立て方を説明したいと思います。

最初に

基礎的なサーバーの立て方を知らないという方や一度もマルチサーバーを立てたことがないという方は最初にこの記事を読んでおくと理解がし易いかと思います。

http://wp.me/p5OVpo-zc

gitをインストール

git
(https://git-for-windows.github.io)
Spigotはビルドツールを使いビルドをしてSpigot本体を入手するのですが、ビルドする為にはこのgitという物が必要になります。ビルドするのに必要なのでまだインストールして居ない方は先にインストールをして置いてくさださい。

SpigotのBuildToolsを入手

spigot
(https://hub.spigotmc.org/jenkins/job/BuildTools/)
Spigotのビルドツールをダウンロードしておきましょう。最新版か安定版のどちらか好きな方をダウンロードしてください。どちらか選べない人は安定版を選ぶと安心かも。

Spigotをビルドする

right

gitのインストールを完了したらSpigotのビルドを始めてみましょう。ダウンロードしたBuildTools.jarを日本語が含まれていないフォルダに入れフォルダ内を右クリック→Git Bash Hareをクリックしてgitを起動します。

『新しいフォルダー』など日本語が含まれているとビルドに失敗してしまうので、serverでもspigotでもいいので日本語以外で名前を付けてください。

git-jar
gitを起動したら以下の内容を入力しましょう。
java -jar BuildTools.jar

入力したらEnterを押し実行します。実行するとビルドが始まるので終わるまで待ちましょう。少し時間が掛かるのでトイレ休憩でもして待っていましょう:3

select

ビルドが正常に終了すると上の画像の様にSoigot.jarが生成されます。必要なのはこのjarだけなので他は消して貰ってもかまいません。

起動パッチ作成

ここまで来たらサーバーを起動するためのパッチを作成を作成しましょう。メモ帳でもなんでもいいのでテキストを同じフォルダ内に作成して好きな名前に変更します。私は『ServerStart.bat』という名前にしました。

名前を付けたら拡張子を『.bat』で保存してください。

そしたら中身を編集しましょう。

@ECHO OFF
java -Xms1024M -Xmx1G -jar spigot-1.8.8.jar
PAUSE

これを記入します。ですが注意が必要です。

2段目の右の方spigot-1.8.8.jarと書いてありますが、これは先ほどダウンロードしたjarの名前を記入してください。

ここ間違えるとサーバーが起動しないので注意して編集する必要があります。

間違えずに編集したら保存をしましょう。

1ad0cd34f2f81e298be0b761c2fb5e3d
現在のフォルダ内はこの様になっているはずです。

そしたら今作った『ServerStart.bat』をダブルクリックします。
黒いウィンドウが出てきたと思います。これがサーバーのログが流れる所です。
pluginなどを導入する時にエラーの内容を確認する所なので覚えておきましょう!

0bcdc544f37211a5a6daf1949c5c2465
最後のログがこの画像のようになっていたらもうサーバーに入れるはずです。
入れるか試してみましょう。入れたらお疲れ様でした。

追記

質問サイトからこのページにアクセスされていたので見に行った所サーバーが立てれないの事。その方は無事立てれたようなのですが、今後の人の為にも少し説明させていただきます。

Loading libraries, please wait...
[15:52:32 INFO]: Starting minecraft server version 1.8.3
[15:52:32 INFO]: Loading properties
[15:52:32 INFO]: Default game type: SURVIVAL
[15:52:32 INFO]: Generating keypair
[15:52:32 INFO]: Starting Minecraft server on *:25565
[15:52:32 INFO]: Using default channel type
[15:52:32 WARN]: **** FAILED TO BIND TO PORT!
[15:52:32 WARN]: The exception was: java.net.BindException: Address already in u
se: bind
[15:52:32 WARN]: Perhaps a server is already running on that port?
[15:52:32 INFO]: Stopping server
>続行するには何かキーを押してください . . .

今回立てれなかった人のサーバーログにはこのようになっていました。

注目して欲しいのは: **** FAILED TO BIND TO PORT!

簡単にいうと、このポート使われてるからサーバー開けないよって事。
サーバーを多重起動をした場合でも同じようにエラーがでます。

・Java系のソフトをタスクから全て落とす
・PC再起動

以上の事をすれば解決するのでこのエラーになった人は試してみましょう。

eula.txt

[14:47:38 INFO]: Strting minecraft server version 1.9
[14:47:38 INFO]: Loading properties
[14:47:38 INFO]: You need to agree to the EULA in order to the server. 
Go to eula.txt for more info.
[14:47:38 INFO]: Stoping server

一番最初にサーバーを起動させたときには上のログが流れサーバーが開きません。

Eulaとは利用規約みたいなもので、それに同意しないとサーバーを立てることができないのです。

https://account.mojang.com/documents/minecraft_eula

以上のリンクからeulaが日本語で見ることができるので、一目だけでも見ておきましょう。
サーバーフォルダ内にあるeula.txtをテキストエディタで開き、eula=trueに変更して保存します。

これでもう一度サーバーが起動するか試してみましょう。