【マインクラフト】誰でもできる!テクスチャを変える方法を解説

テクスチャを変更するとブロックの見た目が変わったり、牛や村人などのMOB関連も全て変えることができます。変更方法も簡単で、もちろん全て無料でできてしまいます。

今回は初心者の方でも分かるように、テクスチャってなに?という基本から説明したいと思います。

テクスチャとは?

pack
実はテクスチャというのは少し古くて、ver1.6からはリソースパックと呼ばれるようになりました。

リソースパックは『テクスチャ, 効果音, 一部フォント, エンド・ポエム, エンドクレジット, スプラッシュテキスト』をがパックになった物です。

まぁ、簡単にいうとブロックの見た目とか効果音を変更できる凄いファイルですね!

実はテクスチャにも建築用とかPvP用だとかジャンルが分かれたりしています。例えば上の画像はAxisPackというリソースパックで、一部のPvPをしている人には有名なテクスチャだったりします。

テクスチャの大きさ

テクスチャには16×16,32×32,64×64,124×124….とリソースパックによって使用されているテクスチャの大きさが違います。

大きいのと小さいのは何が違うのかというと、キメの細かさと言えばいいのでしょうか。

16×16で絵を書くのと、32×32で絵を書くのとは表現の差が違いますよね?なので大きい方が細かく書けるのでキレイです。

ですが、大きいからってキレイに見えるだけではありません。その分重たくなってしまう欠点があります。一般的なテクスチャは32×32か64×64なのですが、まぁ、心配するの程の物でもないです。大きくなるほど重たくなる可能性があるよーってのを豆知識としてでも置いといてください。

テクスチャをダウンロード

『マインクラフト テクスチャ』『マインクラフト リソースパック』

などのワードで検索するとダウンロードできるサイトが見つかります。ダウンロードする時は対応しているバージョン、大きさ等を事前に確認するようにしましょう。

テクスチャの変更方法

pack
タイトル画面から設定(Options)→リソースパック(Resource Packs)と進んで選択画面に移ります

選択画面に移ったら、左下のリソースパックフォルダーを開く(Open resource pack folder)をクリックしてフォルダーを開きます。この開いたフォルダーの中にダウンロードしたリソースパックを入れます。zip形式でも解凍する必要はないのそのまま入れてください。

フォルダーにリソースパックを入れると、マインクラフトの選択画面の左側にリソースパックが表示されるので、サムネ(画像の所)をクリックして右側に移動させます。右側にあるリソースパックが使用されるので、必ず右側に使いたいリソースパックがあるか確認してください。

後は、右下の完了(Done)をクリックして終了です。シングルワールドにでも入ってテクスチャが反映されているか確認しましょう。