【マイクラ】石エンジン(スターリングエンジン)の使い方と作り方【BuildCraft】

BuildCraft

石エンジンの作り方と使い方を解説します。

石エンジンはスターリングエンジンとも呼ばれているエンジンです。石炭などの燃料を使って動かせる強力なエンジンで、1MJ/Tの安定した出力を出せます。

この記事では、石エンジンの基本について詳しく解説します。

石エンジンの作り方

石エンジンのレシピ
石エンジンのレシピは「丸石3個」「石の歯車2個」「ピストン1個」「ガラス1個」です。

必要になる材料が多いので少し作るのが面倒ですが、手に入れるのはそこまで難しくないでしょう。ですが石のエンジンは何個も必要になる場合があるので、たくさん作るのは大変かもです。

石エンジンを素手で壊すと消えてしまうので、ツルハシを使って壊すようにしてください。

石エンジンの使い方

  • 石エンジンを動かす方法
  • 石エンジンの色と効率
  • 石エンジンを回転させる

石エンジンの使い方として上記の3つを解説します。

石エンジンを動かす方法

石エンジン 動かし方
石エンジンは燃料を入れることが動きます。

燃料の種類は、石炭やマグマといった、かまどの燃料になるアイテムなら何でも大丈夫です。かまどで使えるものは何でも燃料になると覚えておけばいいでしょう。

燃料によって性能に違いは出ませんが、エンジンが動く時間はかまどの燃焼時間と一緒です。

また、他のエンジンと同じようにレッドストーン信号がないと動かないので、レバーなどを使ってレッドストーン入力をしてください。

石エンジンの色と効率

石エンジン 回転数と色
石エンジンには回転数が上がるごとに、5つの温度変化があります。

「青」→「緑」→「黄」→「赤」→「黒」の順番で石エンジンの温度が上昇していきます。エンジンの温度が上昇することで、エンジンの回転数が上昇し、より効率的にエンジンが動きます。

石エンジンの温度は動かしていれば勝手に上昇するので、特別な操作が必要な訳ではありません。ですが、石エンジンが黒色になった時には「オーバーヒート」という現象が起きます。

オーバーヒート

オーバーヒートとは、エンジンが熱くなりすぎて停まる現象です。

つまり黒色になったエンジンは止まっているので動きません。再び動かすには石エンジンのレッドストーン信号を止めてエンジンを休ませてあげましょう。温度が冷めればもう一度使えます。

何故、温度が高くなるかといえば、石エンジンが作りだしたエネルギーが溜まりすぎているからです。なので、オーバーヒートさせない為には、エネルギーの消費先を用意してあげましょう。

石エンジンを回転させる

石エンジン 回転させる
石エンジンを回転させるには「レンチ」を使いましょう。

普通に石エンジンを設置すると、思い通りの方向に設置できない場合があります。そんな時にレンチを使えば、自由に向きを変えることができます。使い方はシフト+右クリックです。

知らないと面倒なので、覚えておきましょう。

まとめ

  • 動かすには「燃料」が必要
  • 黒色になったらオーバーヒートしている
  • 動かすにはレンチを使う

石エンジンについて詳しく解説しました。

燃料さえあれば簡単に使うことができる石エンジンは使用頻度が高いエンジンです。木のエンジンより強力だけど、使いやすいエンジンなので積極的に使ってみましょう。

さらに強力なエンジンが必要な人は「鉄のエンジン」を使ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました