【Minecraft】エメラルドの入手方法とその使い道2つ

エメラルドは鉱石として見つけるのはダイヤモンドより珍しいイメージがあります。イメージといえば村人との交易等もありますね。

その様なエメラルドは一体どのような入手方法と使い道があるのかを説明したいと思います。

エメラルドとは?

エメラルド
マインクラフトではエメラルドは主に村人との交易に使う通貨をいう位置づけです。洞窟などでの採掘でも見つける事ができますが、特定のバイオームでしか採掘する事ができず数も非常に少ないです。

村人との交易以外では内装の装飾やビーコンの土台ぐらいにしか活用できる所が無いので必ず欲しいアイテムという訳ではありません。

使い道

名称未設定-1
少し説明しましたがやはりこの二つの使い道が主です。

一番の使い道はやはり村人との交易でしょう。お世辞にもいい取引が多いとは言えませんが、幸運Ⅲやエンダーアイなどの手に入れるのがめんどうな物を取引してくれる村人もいるので便利な時があります。

またビーコンの土台にも使う事にもできます。ですが鉄ブロックなどを使う方がコストが抑えられるので使われる事は滅多に無いと思います。

【Minecraft】ビーコンの設置方法と使い方4つと注意点

入手方法

名称未設定-1
エメラルドは他の鉱石とは違いある特定のバイオームの中にしか生成される事がありません。なので闇雲に探しても見つからないので注意しましょう。

そのエメラルドが見つかるバイオームは「山岳・山緑バイオーム」です。

掘る高さと深さ

そして掘る高さにも一つ注意があります。
エメラルドが生成されるのはy=5~29の高さになっています。
ダイヤモンドはy=5~12なのでダイヤモンドと一緒の高さで探すと一石二鳥ですね!

実はエメラルドはダイヤモンドよりも貴重な鉱石になっています。
エメラルドが見つかっても1つしかなくダイヤモンドや他の鉱石のように一気に手にいれる事ができません。

さらに、生成される数も少なくなっています。
なので見つかりにくいのを覚えておいたほうが気が楽でしょう。

ではどう探すのがいいかというと、ブランチマイニングが一番楽だと思います。
洞窟を探検してもダイヤモンドより見つかりにくいのですからまず諦めた方がいいでしょう。

もちろんブランチマイニングをする時は山岳バイオームの下でやります。
地下ではバイオームが分かりにくいのでF3のデバックモードでExtreme Hillsが山脈なので確認しておきましょう。

量産・効率を求めるなら村人から入手

実際の所エメラルドを掘るより村人との取引で手に入れた方が楽なのが現実です。
まず村を見つけて村人に紙や肉・石炭などと交渉してエメラルドを入手しましょう。

ここでオススメする村人が農民(Farmer)です!
農民は小麦を売ってエメラルドにしてくれるのですが、交渉が進んでもニンジン・ジャガイモ・スイカ・カボチャなどの量産がしやすいアイテムをエメラルドに交換してくれるので一番効率よく低コストにエメラルドに変換してくれます。

村人が増える数は制限がありますが、1人減らすと1人新しい人が生まれます。
なので残酷ですがエメラルドの為に村人を厳選したい所ですね…。

【人気漫画】進撃の巨人 24巻 発売中!

おすすめの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です