これだけはしておけ!マルチサーバーの荒らし対策7つ




自分でサーバーを立てて公開したい。
ニコ生などで配信して一緒にサーバーを立てて遊びたいという方も少なくないと思います。

ですが、生活鯖(サバイバル)を運営するなら特に荒らし対策は必須です。

今回は、最低限の荒らし対策について説明したいと思います。

なぜ荒らし対策は必要か

完全身内だけでするならいいかもしれません。ですが、サーバーを公開するということは不特定多数の人に晒していることになります。ニコ生でも放送をしている人のサーバを荒らす放送なども存在するのが現実です。

大抵は今回紹介する荒らし対策で防ぐ事が可能になります。

言葉だけではなんの力にもなりません。言って止めてくれる人ならまず荒らしをしないでしょう。荒らされてからのことを考えずに、どうしたら荒らされないかを考えましょう。

前提条件

使用するサーバ

Bukkit/Spigotサーバを使用した荒らし対策を説明するので用意しておいてください。公式サーバはまず荒らし対策は主にPluginを導入して制御するので、Pluginが使えない公式サーバはオススメできません。

Bukkit/Spigotサーバの立て方が分からない方は『Bukkit・Spigotサーバーの立て方【マルチ】』を参考にしてください。

使用するテキストエディタ

使い慣れているテキストエディタでいいのですが、メモ帳だけはオススメしません。

メモ帳で編集しようとすると崩れてしまって正しい設定ができなくなる可能性が高いです。TeraPadなどを利用しましょう。

具体的な対策案

  • 溶岩や水源 火打ち石の使用を制限
  • 炎の燃え移りを無効
  • 爆発の無効
  • チェストの保護
  • コマンドの制限
  • リスポの保護
  • バックアップ

今回は最低限の荒らし対策なのでこんな所でしょうか。HawkEyeなどのロールバックPluginを導入できる方は是非導入しましょう。(最低限なのと導入などが少し特殊なので今回は説明しません)

使用する荒らし対策Plugin

  • WorldEdit
  • WorldGuard
  • PermissionsEx
  • Modifyworld
  • LocketteかLWC
  • Not Griefing Re

今回使用するPluginはこれらになります。一番下を除いて有名なPluginばかりですね。これだけで先ほどの具体案すべてを対策する事が可能になります。

一番下のNot Griefing Reは自作Pluginなのでこの記事では説明しませんが『簡易荒らし対策BukkitPlugin『Not Griefing Re』で配布&説明しているので導入したい方はご自由にどうぞ。

実際に設定

チェストの保護

チェストの保護は説明しなくても分かるでしょう。勝手にチェストからアイテムを盗られないようにする為の対策です。

使用するPluginは「Lockette」か「LWC」を使用するといいでしょう。

私的には看板を付けるだけでロックの掛け外しができるLocketteを使っています。LCWは設置しただけで自動的にロックをしてくれてロック忘れがなくなるので、自分にあった方を選びましょう。

設定も特に必要ないので、調べて軽い使い方を見るだけで大丈夫だと思います。

リスポ保護

家の保護なども重要ですが、リスポの保護の方が大事です。

リスポーンした瞬間にマグマの中になりかねません。リスポ地点はサーバーの玄関ともいえる所です。しっかり保護をしておきましょう。

使用するPluginは「WorldEditWorldGuard

保護の方法はこちらで説明してあるので参考にして保護してください。WorldGuardを使って特定のエリアを保護する方法

コマンドの制限

これは賛否が分かれるかもしれませんが、一部のコマンドはOP権限が無くても実行できるコマンドがあり導入しているPluginの一覧が表示できてしまいます。そのコマンドは以下のコマンドです。

  • /pl /plugin
  • /help

/plコマンドを実行するとそのサーバに導入されているPluginを全て表示することができます。察しのいい方は分かると思いますが、そのサーバの荒らし対策を大体把握することができ、その隙を突きやすくするということです。

LocketteかLWCが入っていなかったら → チェスト盗み放題

WorldGuardが入っていない → 保護が掛かっていない・爆発系が使える可能性が

HawkEyeなどが入っていない → ログで身元がバレない・ロールバックできない

こう考えると導入pluginが分かるだけでも荒らしやすくなりますよね。/helpコマンドでも導入しているPluginは大体分かるので権限を剥奪しておきましょう。

PermissionsExを使った特定のコマンドの権限を剥奪する方法はこちらに書いてあるので参考にしてください。PermissionsExを使ったパーミッションの設定方法

溶岩や水源 火打ち石の使用を制限

一番簡単にできる荒らしは、マグマや水源などでワールドを壊すことでしょう。なので、溶岩と水源・火打ち石の使用を制限したいと思います。

前の見出しでPermissionsExでコマンドの権限を剥奪をしまいたが、PermissionsExとModifyworldを使う事でアイテムの使用の権限なども剥奪する事ができます。

今回は溶岩と水源・火打ち石の使用を禁止するので溶岩と水の入ったバケツと火打ち石の所持を禁止してしまえば解決でしょう。

・・・と設定の見本を張るはずだったのですが、何故か設定が上手くいかなかったので。

簡易荒らし対策Plugin『Not Griefing』を作成しちゃいました!

炎の燃え移りと爆発の無効

溶岩や火打ち石の権限の設定をしましたが、許可をした人の事故などで火災が発生してしまうかもしれません。

なので、炎の燃え移りを無効にまた、クリーパーを誘導して地形破壊などをされない為に爆発系の無効化もしておきましょう。どちらもWorldGuardで簡単に設定できるのでがんばりましょう。

WorldGuardのConfig.ymlを編集します。

ignition:                                        
    block-tnt: true                               # TNTの着火のブロック
    block-tnt-block-damage: true  → false        # TNTの地形破壊のブロック
    block-lighter: true                           # 火の着火のブロック
fire:                                         
    disable-lava-fire-spread: true                # マグマによる燃え移りの無効化
    disable-all-fire-spread: true                 # 全ての燃え移りの無効化
    disable-fire-spread-blocks: []                # 燃え移りを無効化するブロック
    lava-spread-blocks: []                        # マグマによる燃え移りを無効化するブロック
mobs:
    block-creeper-explosions: false               # クリーパーの爆発をブロック
    block-creeper-block-damage: false  →  true    # クリーパーの爆発による地形破壊をブロック
    block-wither-explosions: false                # ウィザーの爆発をブロック
    block-wither-block-damage: true               # ウィザーの爆発による地形破壊をブロック
    block-wither-skull-explosions: false          # ウィザーの頭蓋骨攻撃による爆発をブロック
    block-wither-skull-block-damage: true         # ウィザーの頭蓋骨攻撃による爆発の地形破壊をブロック
    block-enderdragon-block-damage: false         # エンダードラゴンのブロック破壊をブロック
    block-enderdragon-portal-creation: false
    block-fireball-explosions: false  →  true     # ガストの弾の爆発をブロック
    block-fireball-block-damage: true             # ガストの弾の爆発による地形破壊をブロック
    anti-wolf-dumbness: false
    disable-enderman-griefing: true               # エンダーマンのブロック移動を無効化
    block-painting-destroy: false
    block-item-frame-destroy: true                # アイテムフレームの破壊をブロック
    block-plugin-spawning: true

矢印が付いている所は変更しておいた方がいい所です。
必要に応じて他の項目も変更しておきましょう。

バックアップ

ここまでは荒らされない為の対策でしたが、もし荒らされたらのことを考えるようにしましょう。もし設定の不備でワールドが破壊された場合、ロールバックできれば良いですができない場合はバックアップから戻さなければいけません。

バックアップを取っていないと戻すことすらできずにサーバが再開できない最悪の状況になるので必ずバックアップは取るようにしましょう。

  • フリーソフトを使う
  • サーバー管理用ツールを使う
  • Pluginを使う

バックアップを取るだけなので基本的にこの3つのどれかに頼ることになると思います。

サーバー管理ツールはMIMEBukkitGUIなどがありますが、これらのツールに付いているバックアップ機能を使っても大丈夫です。

PluginのバックアップPluginというえばAutoSaveWorldなどが有名ですね。

自分が管理していけそうな方法で必ずバックアップを残すようにしていきましょう。

AutoSaveWorldを使ったバックアップの方法は『自動で再起動とバックアップ!AutoSaveWorldの使い方と設定』を参考にしてください。

最後に

いかがでしたでしょうか?今回紹介・設定したのは必要最低限の荒らし対策です。

Whitelistを使用して信用できる人だけを入れることがなんだかんだで一番安全な方法かもしれません。

サーバーを運営していくと、こうした方がいいなってのが分かっていくと思います。鯖管は決して楽な仕事ではないので、粘り強くがんばっていきましょう!

2 件のコメント

  • あの.いま思ったんだけど/plと/Pluginは公式サーバーではできないということを書いたほうがいいと思う

    • 今回使用するのはBukkitサーバーです。
      BukkitPluginが使えるならSpigotでもかまいません。

      公式のサーバーはどうなの?と言われますと使わない方がいいです。
      荒らし対策はPluginを使用して制御するのでそれが導入できない
      公式のサーバーはオススメしません。

      記事の最初にBukkit/Spigotを使う。公式は使わないと書いてあるのですが。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です