【マイクラ】ニワトリとは?繁殖方法や卵の自動回収などの基本4つ

ニワトリは卵を産んだり、鶏肉になる友好Mobです。

ニワトリは主に食料や羽根・卵を集めるのに利用される動物で、様々な使い道があります。

そこでこの記事では、ニワトリの基本から繁殖方法や卵の自動回収について解説します。

ニワトリとは?


ニワトリは卵を産む友好的な動物です。

1ブロックほどの大きさをしている小柄な動物で、子供のニワトリはさらに半分の大きさしかありません。主に食料や羽根・卵を集めるのに利用されます。

比較的にたくさんの場所で見つけることができるので貴重な動物ではありません。

スポーンする場所

ニワトリは特別なところにスポーンする訳ではありません。

動物がスポーンする条件である、草ブロックの上という環境が整っていればスポーンする可能性があるので、草ブロックがある場所を探してみましょう。

珍しい動物ではないので簡単に見つけることができると思います。

繁殖させる方法


ニワトリは種(小麦の種、スイカの種、カボチャの種)で繁殖できます。

最低2匹のニワトリがいれば繁殖できるので、2匹以上を捕まえることを優先してください。繁殖させる時は、種を持って大人のニワトリを右クリックするだけです。

大人のニワトリに種を与えるとハートマークがでるので、その状態のニワトリを2匹近づけることで繁殖が開始されます。一度繁殖させると約5分間は再び繁殖できません。

エサ

ニワトリに与えられるエサは小麦の種、スイカの種、カボチャ種のいずれかです。

種による違いはないので手に入りやすい種を用意しましょう。一番手に入りやすいのは小麦の種だと思います。また、子供のニワトリにエサを与えることで成長スピードを速められます。

エサを持ってニワトリを誘導することもできます。

あわせて読みたい >>小麦の育て方と自動収穫方法を解説!使い道と畑のパターン4つを紹介

ニワトリの使い道


ニワトリには大きくわけて2つの使い道があります。

卵を産む


ニワトリは約7.5分に1個の間隔で卵を産みます。

ニワトリが産んだ卵はケーキ、パンプキンパイの材料として利用できます。

また、卵は右クリックで投げることができて1/8の確率で1羽のニワトリを産むことができます。確率は高くないですが、ニワトリを移動させるより産ませた方が楽な場合があります。

あわせて読みたい >>【Minecraft】ケーキの作り方と食べ方は?回復量などの基本3つを解説

生の鶏肉、羽根をドロップする


ニワトリは倒すと生の鶏肉と羽根をドロップします。

生の鶏肉はかまどで精錬すれば食料として食べることができて、羽根は矢の材料に使うことができます。どちらもニワトリからしか手に入れられません。

あわせて読みたい >>矢の作り方と16種類の効果を解説!初心者が戸惑うポーションの効果を説明

全自動でニワトリの卵を回収する


アイテムを吸い込めるホッパーをニワトリの下に設置すれば自動で卵を回収できます。

レッドストーン回路を組む必要はないので、ホッパーさえ作れれば初心者の方でも簡単に作ることができます。また、小さいスペースにニワトリを入れればコストが少なく済みます。

あわせて読みたい >>【Minecraft PC PE】ホッパーの使い方の基本3つと応用

まとめ

押さえておきたい3つのポイント
  • ニワトリのエサは種(小麦、カボチャ、スイカ)
  • ニワトリは卵を産む、鶏肉、羽根をドロップする
  • ニワトリ小屋の下にはホッパーを置くと自動で卵を回収できる
ニワトリの基本から繁殖方法、卵の自動回収についての記事でした。

ニワトリは食料から材料まで必要になるので、繁殖させていないのであればニワトリを繁殖させておきましょう。すぐに使うことは少ないかもしれませんが、いつか役に立つと思いますよ。

おすすめの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です