【マイクラ】動物の一覧と繁殖の方法!全27種類の飼い方など完全解説!!

動物は繁殖させたり、懐かせることができます。

マイクラには牛や豚、ニワトリなどの動物がたくさんいます。これらの殆どが繁殖して増やすことができたり、懐かせることができます。

そこでこの記事では、動物を誘導して捕まえ繁殖させる方法を解説したいと思います。

マイクラにいる動物の一覧

名前 繁殖 手懐ける 食べられる
ウーパールーパー ×
×
ロバ ×
ラバ ×
オオカミ ×
ヤマネコ ×
キツネ ×
ストライダー ×
×
×
ニワトリ ×
ウサギ ×
ヤギ ×
ムーシュルーム ×
ミツバチ × ×
パンダ × ×
カメ × ×
× ×
コウモリ × × ×
イルカ × × ×
シロクマ × × ×
イカ × × ×
ヒカリイカ × × ×
オウム × ×

現在マインクラフトには全部で27種類の動物が存在しています。

このうち、8種類が食べることができる動物です。食べられる動物は少ないですが、繁殖できる動物は18種類もいるので、動物を捕まえて繁殖させるのもマイクラの醍醐味と言えるでしょう。

アップデートする度に新しい動物が追加されているので、今後も楽しみですね。

繁殖・手懐ける

主要な動物は繁殖できます。

繁殖とは動物を増やすことを言い、2体の動物から1体の子供を作り出すことができます。繁殖を行うことによって、最初は少なかった動物も次第に増えていって、安定して食料が手に入ります。

また、一部の動物は「手懐ける」ことが出来ます。動物を手懐けるとペットとして飼うことが出来ます。有名なのはオオカミ・ヤマネコでしょう。この2つの動物はペットとして可愛がっている人も多いですね。

繁殖・手懐ける共に何も出来ない動物も少しだけいます。

動物の使い道

動物の使い道は「食料」や「素材」になることです。

動物を倒すと生肉がドロップすることが多いです。この生肉をかまどで精錬することで、回復量の多い食料にできます。動物を繁殖させることが出来れば、安定した食料の確保が可能です。

その為、動物を繁殖させるのはとても重要なのです。

その他には、色んな種類の動物がいるので、動物園を作ったりアイデア次第で色んな使い道があるでしょう。

スポーンする条件

一部の動物を除いて、明るさ9以上の草ブロックの上でスポーンします。

石ブロックや木材ブロックの上では動物はスポーンしないので、どれだけ待っても動物はスポーンしません。明るさは9以上とありますが、明るかったら大丈夫なので、特に気にしなくても大丈夫です。

取り敢えず、草ブロックを設置するようにしましょう。逆にスポーンさせたくない人は「動物を消す方法とスポーンしなくなる方法」を参考にしてください。

繁殖させる方法


繁殖させるにはエサを与える必要があります。

動物にはそれぞれに好きなエサが決まっていて例えば、牛なら小麦、豚ならニンジン、ニワトリなら種が繁殖させるエサになります。

そして、繁殖は1匹ではできず必ず2匹以上が必要です。繁殖させるには、繁殖させたい2匹にエサを与えることでハートマークがでて繁殖モードになります。

この繁殖モードの2匹が近くにいると、繁殖が始まって子供が生まれます。

繁殖は連続でできない

一度繁殖した動物は一定の時間をおかないと再び繁殖することはできなくなります。

エサを食べなくなるので、エサを食べるようになるまで放置しておきましょう。そうすれば勝手に繁殖できるようになります。

>> 動物の種類とエサ一覧

懐かせる方法


動物を懐かせるにはエサを与える必要があります。

オオカミやヤマネコにはそれぞれエサが決まっていて、そのエサを与えることで懐かせることができます。しかし、懐くかどうかは運次第です。

エサを1回あげると懐かせるチャレンジができて、失敗すると黒い煙みたいなエフェクトが表示されます。動物が懐くとハートマークが表示されるので、懐かせる時は良く観察しておきましょう。

繁殖できないの?

懐かせることができる動物は、繁殖して増やせません。

なので、たくさんペットが欲しい場合は、野生の動物を手当たり次第に懐かせていきましょう。

>> 動物の種類とエサ一覧

動物を誘導する方法


動物を誘導するにはエサを利用します。

動物はエサを手で持っていると近寄ってきて付いてきます。これを利用して柵の中に誘導しましょう。柵の外側にブロックを置いておくことで簡単に柵の中に誘導することができます。
離れすぎると付いてこなくなるので、動物の歩くスピードと合わせるように誘導しましょう。

リードを使って誘導する

リードというアイテムを使って動物を誘導することもできます。

リードは1個に付き1匹にロープをかけて連れていけるアイテムです。犬のリードを想像すると分かりやすいでしょう。勝手にどっかいったりしないので、簡単に動物を連れていけます。

あわせて読みたい >> 【Minecraft】リードの作り方!使い方と外し方などの基本4つ

動物を入れる柵を作ろう


誘導してきた動物は放置しておくと勝手にどこかに行ってしまいます。なので、柵(フェンス)を作って逃げないようにしましょう。

柵は木材だけで作ることができるので、序盤でも作ることができるブロックです。また、フェンスゲートという入口用の柵もあるので一緒に作っておくと出入りが簡単になります。

柵を作る場所は基本的にどこでもいいのですが、ヒツジは草ブロックを食べて羊毛を回復させます。なので、ヒツジを入れる場合は草ブロックの上にしましょう。

まぁ、外に作れば大体は大丈夫だと思います。

あわせて読みたい >> 【Minecraft】3種類の柵の作り方から使い方まで基本3つを解説

100万円&豪華景品のチャンス!

レンタルサーバーで有名な「ConoHaVPS」が8周年記念キャンペーン中!!

総額100万円クーポンが貰えたり、
Switch」「iPad Pro」「HHKB」が当たるチャンス!

参加条件は「ConoHaアカウントを持っている
ことなので誰でも無料で出来ます。

持っていないならアカウントを作って参加しよう!

\ 8月4日(水) ~ 18:00 締め切り迫ってます! / キャンペーンサイトへ
シェアする
脱・初心者を目指すマインクラフト

コメント

悩みが解決しない場合

次の方法を試してみましょう。

Twitterで質問する

当ブログの管理者に質問してみましょう。絶対ではありませんが答えてくれるか、記事に書いてくれるかもしれません。

キーワードで検索する

悩みのキーワードを検索してみましょう。ブログにはたくさんの記事が投稿されています。