【マイクラ】耐火のポーションとは?その効果と作り方2つ

耐火のポーションは火のダメージを完全に無効化する効果があります。

耐火のポーションはネザーで大活躍します。例えば、マグマに入ろうと一切のダメージを食らいません。火の矢だってただの矢です。

  • 耐火のポーションの詳しい効果
  • 耐火のポーションの作り方

この記事では、この2つの耐火のポーションの詳しい効果と作り方を解説します。

耐火のポーションとは?


耐火のポーションは効果の対象になると完全な火の耐性がついて、火に関するダメージを一切負わなくなります。

なので例えマグマの中に落ちようとダメージを食らうことはありません。マグマで泳ぐことだってできてしまいます。

耐火のポーションの使い道

  • ネザーを安全に探索できる
  • ブレイズの攻撃を防げる
  • PvPで役に立つ

ネザーにはマグマやブレイズなど火に関するダメージを負う確率がとても高いです。

そこで耐火のポーションを使うことでそのダメージを無効化して安全に探索できます。ブレイズの火の弾も無効化するのでスポナーを制圧したり、トラップを作る際にも活躍します。

また、マルチサーバーでPvPをする際、剣に火属性が付いていた場合大きなダメージを負ってしまいます。耐火のポーションを使用して不利にならないように対策することができます。

耐火のポーションの作り方


基本的なポーションの作り方が分からない人は『ポーションってなに?必要なものから作り方まで完全解説【材料一覧付】』をまず参考にしてください。

耐火のポーションはマグマクリームを使うことで作ることができます。最低限必要になる材料は『ネザーウォート、マグマクリーム』の2つです。

  1. 水入り瓶にネザーウォートで奇妙なポーションが完成
  2. 奇妙なポーションにマグマクリームで耐火のポーションが完成
  3. 耐火のポーションにレッドストーンダストで効果時間を延長する

以上の3ステップが耐火のポーションを作る方法の流れです。

水入り瓶に、ネザーウォート→マグマクリーム→レッドストーンダストの順番で素材を入れていけば作ることができます。

耐火のポーションはグロウストーンダストを入れて効果を強化することができないので、レッドストーンダストを入れて効果時間を伸ばしましょう。

レッドストーンダストを入れれば耐火のポーションの効果時間が8分に延長されます。

まとめ

  • 耐火のポーションは火のダメージを完全に無効化する
  • 耐火のポーションはネザーウォート、マグマクリームの順番で作れる
  • ネザーを探索する時は持っていけ

耐火のポーションの効果と作り方の方法についての解説でした。

耐火のポーションがあるだけでネザーの安全度は全然違います。不意の事故も死につながるネザーでは例え常時飲まなくても、すぐ飲めるように準備しているだけで生存率が上がります。

私の場合ブレイズのトラップを作る時に大活躍しました。ブレイズは遠距離攻撃と近接攻撃をしてきますが、遠距離攻撃を無効化するだけでいくぶんか楽です。

ネザーで作業する時は耐火のポーションを作って持って行くことをオススメします。

最近人気の無料ゲーム!『ハンターヒーロー』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です