【7 Days to Die】マルチサーバーの立て方【最も簡単な方法】

7 Days to Dieのマルチサーバーの立て方を解説します。

マルチサーバーを建てようとして断念したことありますよね。マルチサーバーって意外と建てる難易度は高くて、ポート開放なども必要になります。だから、初心者の人には少しハードルが高いのが現実です。

ですが、最近ではサーバーを自動構築してくれるレンタルサーバーが登場しました。

その名前は「ConoHaVPS」です。

ConoHaVPSを使うと自動でマルチサーバーを建ててくれて、ポート開放などの難しい作業も全部自動的にしてくれます。しかも24時間サーバーも簡単に作れてメリットがたくさんあります。

そこでこの記事では、7 Days to Dieのマルチサーバーの建て方を詳しく紹介します。

\ ConoHaVPS 公式サイトはこちら /

マルチサーバーの建て方

  1. ConoHaVPSのアカウントを作成する
  2. 7 Days to Dieを選ぶ
  3. サーバーを起動する

ConoHaVPSアカウントを作成する

まず最初に、ConoHaVPSアカウントを作成しましょう。

アカウントがないとマルチサーバーが建てられません。アカウントの作成は無料で出来ます。また、いまならキャンペーン中で、アカウントを作成すると700円無料クーポンが手に入るので、お得に始められます。

700円無料クーポンは以下のボタンから貰えるので、損しないように貰って始めましょう。

\ ConoHaVPS 700円無料クーポンを手に入れる /

7 Days to Dieを選ぶ


ConoHaVPSアカウントが作成出来たら、マルチサーバーを建てましょう。

管理画面の「サーバー追加」をクリックすると上のような画面に変わります。

サーバー追加画面では上の画像のように選択していくと7 Days to Dieが選べます。長期間サーバーを使いたい人は「VPS割引きっぷを利用する」に選択すると更にお得にサーバーが使えますよ。

画像と同じようにすると最安値で使えます。

サーバーを追加したら、サーバーの詳細画面の「ネットワーク情報」にIPアドレスが表示されているので、このIPアドレスを友達に教えてサーバーにログインして貰ってください。

ポート開放などの作業は必要ありません。これでマルチサーバーの構成は終わりです!

ConoHaVPSのメリット

  • サーバーを自動構築できる
  • 低スぺ、低回線でも大丈夫
  • ポート開放しなくていい

ConoHaVPSを使うメリットをまとめたいと思います。

まず、すでに紹介しましたがマルチサーバーの自動構築が出来る機能です。画面をポチポチするだけで難しい作業なくマルチサーバーが建てられるのは本当に便利ですよ。

この機能はConoHaVPSだけの機能になっていて、他のゲームのマルチサーバー自動構築にも対応しています。

さらに、レンタルサーバーだからこそのメリットがあります。

低スぺ、低回線でも大丈夫

あなたのパソコンのスペックが低くても、回線が遅くても問題ありません。

何故かというとサーバーの持ち主はあなたではないからです。パソコンを使ってサーバーが建っていないので、生配信をしたり動画撮影をしていてもマルチサーバーは重たくなりません

しかも24時間ずっと起動したままに出来るので、「サーバー主がいないとゲームが出来ない…」という悩みも解決してくれます。

なにより、いつでも快適なマルチサーバー出来るのが嬉しいポイントです。

ポート開放しなくていい

ConoHaVPSはポート開放が必要ありません。

普通ではポート開放しないとサーバーに接続できないのですが、ConoHaVPSの場合は自動的にポート開放してくれているので、IPアドレスを教えるだけでサーバーに接続できます。

ポート開放は環境によって出来ない場合があります。その場合どんだけ頑張ってもポート開放することができません。でも、ConoHaVPSなら環境関係なくポート開放してくれるので、とても便利なのです。

ポート開放で悩んでいる人はConoHaVPSを試してください。

\ ConoHaVPSでマルチサーバーを立てる /