【マイクラ】焼き兎肉の作り方と使い道 | ウサギを焼いてたべる。

焼き兎肉について解説します。

ウサギの肉を焼いてできるのが「焼き兎肉」です。5の満腹度と6の隠し満腹度なのですが、食料のなかでは少ない方なので、わざわざ手に入れるほどの食料ではありません。ウサギを倒したついでぐらいですね。

この記事では、焼き兎肉について更に詳しく解説します。

焼き兎肉の入手方法

生の兎肉を精錬する
焼き兎肉を作るには「生の兎肉」が必要になります。

生の兎肉はウサギを倒すことで入手できるアイテムです。ウサギの肉は生で食べるより、焼いて食べた方が回復量が多くなるので、焼いてから食べるようにしましょう。

精錬して焼く方法以外にも、火打石を使ってウサギを焼いてから倒すことでも入手可能です。

焼き兎肉の使い道

  • 食料になる
  • オオカミのエサになる

焼き兎肉の使い道は2個あります。

食料になる

焼き兎肉は5の満腹度と6の隠し満腹度があります。

ブタの食べ物である「焼き豚」でも満腹度8と12.8の隠し満腹度なので、焼き兎肉が効率が悪いのが分かりますね。簡単に手に入るわけではないのに回復量も少ないので、メインの食料には向いていないでしょう。

食料がないゲーム序盤のつなぎとして食べる程度だと思います。

ウサギシチュー


焼き兎肉を1個使って「ウサギシチュー」が作れます。

材料が多いので作るのが大変ですが、10の満腹度と、12の隠し満腹度があります。食べ物のなかでもトップレベルに回復量が多いのですが、作るのが大変なので実用的ではありません。

また、スタックできないので持ち運びに不便です。

オオカミのエサになる

焼き兎肉は「オオカミ」のエサになります。

エサにすることによって、オオカミの体力が回復したり、繁殖させることができます。焼き兎肉以外の食料でもエサにできるので、無理してあげる必要はありません。焼き兎肉が余っている時にでもあげてください。

因みに、生の兎肉でもエサにできるので、焼く必要はありません。