【マイクラ】ネザーゲートを作る方法!省略型とバケツの裏技2つ




ネザーゲートを作るには黒曜石が最低10個必要になります。

ネザーに行くにはネザーゲートを作る必要があります。ネザーゲートを作るには黒曜石が最低10個必要です。そして黒曜石をゲートの形にして火を付けなければいけません。

  • ネザーゲートを作る方法
  • 省略形のネザーゲートを作る方法
  • ネザーゲートをバケツを使った裏技で作る方法

そこでこの記事では、ネザーゲートを作る方法と省略型とバケツを使った裏技を解説します。

ネザーゲートを作るのに必要なアイテム


ネザーゲートを作るには黒曜石が10個以上必要になります。

ネザーゲートは基本の形が決まっているのですが、ある程度自由に作ることができます。その基本の形を作るのに必要な最低数が10個です。

また、黒曜石はダイヤモンドのツルハシを使わないと回収することができません。ダイヤモンドのツルハシを作る→黒曜石を10個集める→ネザーゲートを作る、の順番ですね。

黒曜石について詳しくは『【Minecraft】黒曜石とは?作り方と壊し方など使い道5つ』で解説しています。

ネザーゲートを作る方法


左が基本型のネザーゲートで、右が省略型のネザーゲートの形です。いっけん同じに見えますが角の黒曜石が無いのが省略型の特徴です。

ネザーゲートは2×3以上の入口を黒曜石で作る必要があります。2×3以上あればそれ以上に大きくしても問題ないのですが、あまり大きくすると重たくなるので注意してください。

普通は基本型で作るのですが、省略型が主流として広まっているので省略型を覚えればいいでしょう。黒曜石も節約できます。

ネザーゲートに火を付けよう

黒曜石でネザーゲートの形を作ったら最後に火打石を使って火を付けましょう。

正確には火を付けれればどの方法でもいいのですが、火打ち石を使うのが一番簡単で確実です。火打ち石を使ってネザーゲートの内側に火を付けてください。

そうすれば、紫色のオーラと共にネザーゲートが開通します。もし、開通しない場合はネザーゲートの形が間違っていないか確認してください。

火打ち石について詳しくは『【Minecraft】火打石の作り方から使い方までの基本3つを解説!!』で解説しています。

バケツを使った裏技でネザーゲートを作る方法


実はバケツを使えばダイヤモンドのツルハシが無くてもネザーゲートを作ることができます。

【Minecraft】黒曜石とは?作り方と壊し方など使い道5つ』で解説しましたが、黒曜石ができる条件は溶岩源に水が触れた時です。

なので、ネザーゲートを建てる予定の場所に上手く黒曜石ができるようにすれば、バケツを使うだけでネザーゲートが作れてしまいます。厳密にいうと溶岩と水も必要ですが。

上のGIFは実際に作っている様子です。ネザーゲートの形を間違えないように慎重に作ってください。

まとめ

  • ネザーゲートは黒曜石が最低10個必要
  • ネザーゲートは最後に火打ち石で火を付ける
  • バケツを使えばネザーゲートを作ることができる

ネザーゲートを作る方法とバケツの裏技についてでした。

ネザーゲートはネザーに行くのに必ず必要な入口です。少し手に入れるのが大変な黒曜石が必要ですが、ネザーにはそれ以上のお宝が待っています。

ネザーは少し危険ですがポーションという特殊なアイテムが作れるアイテムがあるのでぜひ挑戦してください。

ネザーに関して詳しくは『【マインクラフト】ネザー初心者必見!!行き方と注意事項や手に入るアイテムを解説』で解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です