【MinecraftPCPE】金床で修理と合成する方法!4つの使い方と作り方を解説

ツールの修理(耐久値を回復)、エンチャントを付ける、エンチャントレベルを上げる、名前を変える

これが金床でできる4つの機能です。どれも便利な機能でマイクラ生活をより豊かにしてくれます。金床を使うには経験値が必要になったり、少し使うのには慣れが必要なところも。

そこでこの記事では、金床を使って修理と合成をする方法など基本的なことから解説します。

金床の作り方・レシピ

金床のレシピ
金床を作るには鉄ブロック3つと鉄インゴット4つが必要です。

金床を作るのに必要な鉄インゴット数は全部で31個です。頑張れば作ることができると思いますが、序盤では金床の出番は少ないので、焦って作る必要はないでしょう。

また、金床には耐久値があって何回も使うと壊れてしまいます。消耗品なので壊れたら新しいのを作りましょう。

金床の使い方

金床の使い方

金床は上の4つのことができます。

ツールの耐久値を回復させたり、エンチャントを移動させたりできるのが金床というブロックで、使うには経験値が必要になります。なので、経験値トラップがあると安定して金床を使えます。

また、アイテムやツールの名前を変えることもできるので、とても便利なブロックです。

それでは、金床の詳しい使い方を解説します。

金床で修理する方法(耐久を回復)

金床耐久値
金床でツールの耐久値を回復できます。

左に耐久値の減ったツール、右にその素材を設置して金床で合成することでツールの耐久値を回復させられます。エンチャントも受け継がれます。

素材と経験地を使って修理したって感じですね。回復させる耐久値が多ければ多いほど素材の数は増えますが、1個だけ使って少し回復もできるのでとても便利です。

金床でエンチャントを付ける

金床エンチャント
金床を使えばエンチャントを移動させることだってできます。エンチャントを移したり移動させたりするのには二つの用途があります。

1)左にエンチャントの付いたツール、右に付いていないツールを設置して合成すると、2つが合わさりエンチャントが受け継がれます。これで違うエンチャント同士のツールが合体できます。

2)左にツール、右にエンチャント本を設置して合成すると、エンチャント本に付いているエンチャントが左に設置したツールに移すことができます。これで付けたいエンチャントの付いたエンチャント本を用意して、合成すれば自分の思った通りのツールが作れます。

金床でエンチャントレベルを上げる


金床を使ってエンチャントのレベルを上げられます

例えばダメージ増加Ⅳのエンチャント本と、ダメージ増加Ⅳのエンチャント本を合成すると、ダメージ増加Ⅴのエンチャント本が完成します。

これはエンチャント本だけではなく、通常のツールでも同じなので、効率速度Ⅲのピッケル2つを合成すれば効率速度Ⅳのピッケルにできます。エンチャントをする上で重要な要素なので覚えておきましょう

金床で名前を変える


金床を使って自由に名前を変えられます。

金床の右上には名前を入力できる場所があります。そこに名前を入力すれば名前が変わります。名前を変えるには少しだけ経験値が必要なので準備しておきましょう。

例えばダイヤモンドの剣に「めっちゃ強い剣」とか名前を付けられます。

動物に名前を付けられる

jeb_
名札というアイテムを名札を使って合成すると、名前が付けられます。

懐いたペットや動物に名札を使えば名前を表示させられるのでより一層愛情が沸いて可愛くなりますよ。そしてこの名前を付ける機能を使った裏技もあるので試してみましょう。

おすすめの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です