【Plugin解説】ログインメッセージを自由に変更『Personal Login Message』




PLM

サーバーのログインメッセージやログアウトメッセージを日本語に変更したり、メッセージを変える事は通常のサーバーの設定では変更することができません。

しかし、『Personal Login Message』略してPLMというプラグインを使用することで、簡単にログインメッセージとログアウトメッセージを変更することができるようになります。

ダウンロード

pluginの導入の方法が分からない方は『Bukkitプラグインの導入方法』を参考にしよう。

コマンド・パーミッション

コマンド説明
/plm restoreMessages.txtをリセットOP
/plm reloadMessages.txtを再読み込みOP
パーミッション説明
plm.admin全ての権限
plm.*全ての権限

使い方と設定

ファイルの種類
PLMを導入するとPLMフォルダの中にこの3つのファイルが生成されます。メッセージの内容を変更したい場合はmessages.txtを編集しましょう。

そのまんま、Join message:がログインメッセージ、Quit message:ログアウトメッセージです。

Join message:#ログインメッセージ
&e%playername joined the game

Quit message:#ログアウトメッセージ
&e%playername left the game 

設定例

設定例を見ながら一緒にメッセージを変更してみましょう。

『○○さんがサーバーにログインしました!』

Join message:
%playernameさんがサーバーにログインしました!

%playernameはプレイヤー名を取得して表示してくれます。
このような物がPLMには数多く用意されています。記事の最後に一覧表を置いておくので、それを参考にしながら変更していきましょう。
 
『○○さんが○○ワールドにログインしました!○○時間ぶりです。』

Join message:
%playernameさんが%worldにログインしました!%timeぶりです。

『○○さんがサーバーにログインしました!通算○○回目です』

Join message:
%playernameさんがサーバーにログインしました!通算%totallogins回目です

もちろんカラーコードを使用することができるので色なども自由に変更可能です。

日本語化

全てを日本語化する事はできませんが、使う所だけでも日本語にしてみましょう。編集ファイルはconfig.ymlです。

advancedmessages:
  enabled: 'false'#'true'に変更
  second: second 
  seconds: seconds
  minute: minute
  minutes: minutes
  hour: hour
  hours: hours
  day: day
  days: days
  month: month
  months: months
  no last login: no last login
  userandom: 'false'

Config.ymlファイルのadvancedmessages:の項目を変更します。enabledが初期ではfalseになっているのでtrueに変更しておきましょう。

基本的には適当に翻訳サイトにでもかけたら、分かると思います。

  seconds: 秒
  minutes: 分
  hours: 時間
  days: 日
  months: ヶ月

%timeで流れるログを日本語にしたい場合はこのように日本語化していきます。

一覧表

[table id=14 /]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です