サーバーでコマンドブロックを有効にする方法




サーバーの初期設定ではコマンドブロックは使えない設定になっています。コマンドブロックが無効になっていると配布ワールド等は機能しなくなってしまう等色々問題になってきます。

そこで今回はコマンドブロックを有効にする方法を説明したいと思います。

サーバーファイルを設定

a51b611874483c345c68ae4c7ba954f3
まず、設定するファイルを探しましょう。「server.properties」というファイルです。

 

#Minecraft server properties
#Fri Mar 20 09:07:04 JST 2015
generator-settings=
op-permission-level=4
allow-nether=true
level-name=world
enable-query=false
allow-flight=false
announce-player-achievements=true
server-port=25565
level-type=DEFAULT
enable-rcon=false
force-gamemode=false
level-seed=
server-ip=
max-build-height=256
spawn-npcs=true
white-list=false
spawn-animals=true
hardcore=false
snooper-enabled=true
online-mode=true
resource-pack=
pvp=false
difficulty=1
enable-command-block=false   #falseをtrueに変更
server-name=Unknown Server
gamemode=2
player-idle-timeout=0
max-players=20
spawn-monsters=false
generate-structures=true
view-distance=10
spawn-protection=16
motd=A Minecraft Server
#
#true = 有効
#false = 無効
#
#基本なので覚えておこう!

ファイルを開くとこのような設定が書いてあると思います。

この中のenable-command-block=falseとなっている所をenable-command-block=trueに変更しましょう。

設定が終わったら上書き保存してサーバを起動させてみます。エラーがでた場合は間違っている可能性があるのでよく確認してみてください。

実際にコマンドブロックを使用してみて実行できたら終了です。お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です