【マインクラフト】Spigotサーバーのログを日本語化する方法

Spigotサーバは外国で作られたものなので日本語でログは流れません。ですが、設定ファイルを日本語で変更すると簡単に日本語化することができます。

日本語化

spigot-message
サーバのファイルが入っている中にspigot.ymlというファイルがあります。このファイルが今回編集するファイルになります。自分が使っているテキストエディタで開きましょう。

このspigot.ymlはサーバの様々な機能の設定をしているファイルになるので興味のある人は今回説明する場所以外の所も見てみると面白いかもしれません。

[html autolinks=”true” title=”spigot.yml”]
messages:
whitelist: You are not whitelisted on this server!
unknown-command: Unknown command. Type "/help" for help.
server-full: The server is full!
outdated-client: Outdated client! Please use {0}
outdated-server: Outdated server! I’m still on {0}
restart: Server is restarting
[/html]

spigot.ymlの中央辺りにmessages:という項目があるのでそこを編集していきます。
何がどのメッセージなのか大体予想が付くと思いますが試しに日本語化してみましょう。

[html autolinks=”true” title=”spigot.yml”]
messages:
whitelist: あなたはこのサーバのホワイトリストに登録されていません。
unknown-command: 存在しないコマンドです。"/help"を参考にしましょう。
server-full: サーバは満員です。
outdated-client: クライアントのバージョンが古いです。次のバージョンで参加してください。 {0}
outdated-server: サーバのバージョンが古いです。次のバージョンで参加してください。 {0}
restart: サーバを再起動します。
[/html]
{0}は現在のサーバのバージョンが表示されます。

設定が完了したら上書き保存してサーバを起動させてみましょう。この時エラーが出ていないか確認してください。

message-ok
試しに適当にコマンドを打ってみます。設定した通りに日本語で表示されましたね。念のためホワイトリストを掛けて入ってみたりして日本語化されているか確認しておきましょう。