【マイクラ】エルダーガーディアンとは | いない原因は?ドロップアイテムとスポーン場所について

エルダーガーディアンについて解説します。

マインクラフトのボスでもある「エルダーガーディアン」は海の中にある海底神殿で出会えます。特別な条件はありませんが、スポーンする数は限られていて、貴重な敵モンスターです。

1つの海底神殿に合計3体のエルダーガーディアンがいて、見た目なガーディアンに似ています。強化版と考えればいいでしょう。ですが、大きさは全く違うので、見ればわかる程です。

エルダーガーディアンを倒すと、スポンジが手に入る可能性があるので、倒す価値は十分にあるでしょう。

そこでこの記事では、エルダーガーディアンについて更に詳しく解説します。

エルダーガーディアンとは

エルダーガーディアン

体力 80
攻撃力
  • イージー: 5
  • ノーマル: 8
  • ハード: 12

エルダーガーディアンは、大きな目玉のような見た目をしています。

見れば絶対に分かりますが、とても大きなモンスターです。ガーディアンと見た目は似ていますが、大きさが全然違うので、間違えることはないでしょう。灰色っぽい色をしています。

また、攻撃力が非常に高いのも特徴のひとつです。難易度がイージーでも5のダメージを食らいます。ハードの場合は12のダメージを負うので、油断していると簡単に死ぬほどです。

加えて、エルダーガーディアンがとげのような物を出している時は、気を付けてください。これは棘の鎧いばらのよろいみたいな物で、攻撃を反射してきます。逃げる時に使ってくるので、十分注意して攻撃しましょう。

呪いを持っている

採掘速度低下の呪い
エルダーガーディアンは呪いをかけてきます。

その呪いの名前は「採掘速度低下」です。効果はそのまま、ブロックを破壊するスピードを低下させます。

しかも採掘速度低下Ⅲなので、ブロックを壊すことは不可能だと思っていいほどのレベルです。一応、牛乳を飲めば解除されますが、またすぐに呪いをかけてくるので、意味は少ないでしょう。

この呪いは、エルダーガーディアンを倒すことで解除できます。

ドロップアイテム

プリズマリンの欠片 濡れたスポンジ

エルダーガーディアンの主なドロップアイテム一覧です。

この中で一番レアなのが、濡れたスポンジでしょう。このブロックは、水を一瞬で吸い上げるスポンジにできる効果を持っています。水を一瞬で消せるので、水抜きする時に大活躍するブロックです。

スポンジも数に限りがあるブロックなので、必ずゲットしたいブロックになります。

エルダーガーディアンのスポーン場所

エルダーガーディアンは海底神殿にいる
エルダーガーディアンは、海底神殿にスポーンします。

海底神殿は海の中にある建造物のひとつで、ピラミッドのような形をしています。中にはたくさんの部屋があって、お宝がある部屋も存在しています。その中の部屋の何処かにエルダーガーディアンがいます。

ひとつの海底神殿の中に、3体のエルダーガーディアンがいて、左右バラバラにスポーンするようになっています。時々3体揃っていない場合もあるようですが、よく探してみましょう。

エルダーガーディアンがいない

エルダーガーディアンのスポーン条件は少し特殊で、ワールドが生成された時に、一度だけスポーンします。

それからは、デスポーンすることなく存在し続けますが、再びスポーンすることはありません。つまり、ワールドにいるエルダーガーディアンの数には限りがあるというわけです。

もし、ゲームの難易度をピースフルに設定しまった場合、敵であるエルダーガーディアンは消えてしまいます。そして、再びスポーンしないエルダーガーディアンは二度と現れることはありません。

なので、エルダーガーディアンに会いたい人は、絶対にピースフルにしないように注意しましょう

もし、海底神殿をどんなに探しても、エルダーガーディアンがいない人は、消えてしまっている可能性があります。その時は、新しくワールドを生成させるしか方法はありません。

100万円&豪華景品のチャンス!

レンタルサーバーで有名な「ConoHaVPS」が8周年記念キャンペーン中!!

総額100万円クーポンが貰えたり、
Switch」「iPad Pro」「HHKB」が当たるチャンス!

参加条件は「ConoHaアカウントを持っている
ことなので誰でも無料で出来ます。

持っていないならアカウントを作って参加しよう!

\ 8月4日(水) ~ 18:00 締め切り迫ってます! / キャンペーンサイトへ
シェアする
脱・初心者を目指すマインクラフト

コメント

  1. すまいる より:

    やらかしました☆
    ピースフルにしてました
    どうしましょう(自己暗示)

悩みが解決しない場合

次の方法を試してみましょう。

Twitterで質問する

当ブログの管理者に質問してみましょう。絶対ではありませんが答えてくれるか、記事に書いてくれるかもしれません。

キーワードで検索する

悩みのキーワードを検索してみましょう。ブログにはたくさんの記事が投稿されています。