【Factorio】マルチサーバーの立て方【簡単な方法】

サーバー

factorioのサーバーを立てる方法を解説します。

マルチサーバーを立てる方法は主に2種類の方法があります。それは「自宅サーバー」と「レンタルサーバー」の2種類です。

この記事では、この2種類のマルチーサーバの立て方を解説します。

factorioのサーバーの立て方

  • 自宅サーバー
  • レンタルサーバー

それでは、上記のサーバーの立て方を紹介します。

自宅サーバー


(出典: http://mtkdt.blog.fc2.com/blog-entry-101.html)
Factorioのサーバーは自分で立てるのが難しいです。

まず、Factorioの公式サイトからサーバーをダウンロードしましょう。

サーバーをダウンロードできたら、上の画像のように文字を入力して.batファイルを作成します。これを使ってサーバーを起動させます。

また、ポート開放をする必要があります。ポート番号は「34197」です。ポート開放が出来ないとサーバーに接続できないので注意してくださいね。

簡単に説明しましたが、自宅サーバーは難易度が高めです。特にポート開放で諦める人が多いでしょう。そのような人は次の方法がおすすめです。

レンタルサーバー


レンタルサーバーはめっちゃ簡単です。

殆どの人がこの方法なのですが、レンタルサーバーの場合は、アプリケーションから「Factorio」を選択してボタンを押すだけで、マルチサーバーが立ちます。

難しいポート開放もする必要がないので、今すぐにでも遊べますよ。

簡単ですぐに遊べるので、レンタルサーバーをおすすめします。

おすすめのサーバー

  • 「Factorio」の最新版に対応している
  • 大手だから安心。性能も回線も良い
  • みんな使ってる

私がオススメするのは「ConoHaVPS」というレンタルサーバーです。

オススメする理由は上の3つです。まず大前提として最新版のFactorioに対応しているということ。そして、運営が日本の大手なので安心して使える所です。

大手なのでサーバーの性能もよく、回線も良いので安定して使えます。また、みんな使ってるのもオススメポイントですね。

\ ConoHaVPSの公式サイトはこちら /

値段

月額880円(1.5円/時間)

少しだけお金が必要です。ですが1日で換算すると28円

他のレンタルサーバーと比べても格安で使えるので、安くしたい人にピッタリのレンタルサーバーになります。この安さが人気の秘訣でもあるんでしょうね。

キャンペーンをしてる時だったら、更に安く使えますよ!
\ ConoHaVPS 値段を確認する /

無料でサーバーを立てる

466時間無料で遊べる。

ConoHaVPSは時間課金制のシステムを導入しています。

これは「使った時間だけお金がかかる」やり方です。ConoHaVPSの場合『1時間1.5円』なので8時間使うと12円必要になります。うまい棒1本分ぐらいですね。

24時間使ってもうまい棒3本分(36円)で遊ぶことができるんです。実はめちゃくちゃ安い。

これを利用して、無料会員登録した時に貰える700円クーポンを使えば、700円分(466時間)が無料で遊べるということです。つまり無料で遊べるということ。

この方法を使わない手はないでしょう。

\ ConoHaVPS 無料会員登録する /

まとめ

  • 簡単にサーバーを立てられる
  • みんな使ってて安心
  • 無料で使える時間がある

もう一度おさらいしましょう。

Factorioは自宅サーバーよりレンタルサーバーで立てるのをおすすめします。自宅サーバーの場合、自分でダウンロードしたり、ポート開放する必要があるからです。

でもレンタルサーバーなら、全部自動でマルチサーバーを構築してくれます。

そこで、おすすめなのがConoHaVPS。日本大手のレンタルサーバーなので安心だし、みんな使っている実績があります。しかも安いので試すのにもうってつけです。

Factorioサーバーを立てるならConoHaVPSを使いましょう。

\ ConoHaVPS でサーバーを立てる /

コメント

タイトルとURLをコピーしました