【マイクラ】マルチサーバーを自動バックアップする簡単な方法

サーバー

マルチサーバーを自動バックアップする方法を紹介します。

バックアップを取っておくことは、マルチサーバーを運営するにあたってとても大事なことです。手動でもバックアップを取ることが重要なのですが面倒ですよね。

そこでこの記事では、自動でバックアップさせる方法を紹介します。

自動バックアップする方法

  • AutoSaveWorld
  • レンタルサーバーを使う

マルチサーバーを自動バックアップさせる方法を2種類紹介します。

AutoSaveWorld


有名なのがBukkitPluginの「AutoSaveWorld」です。

Bukkitサーバーのプラグインなので公式のマルチサーバーには使えませんが、Bukkitサーバーでは殆どがこのプラグインを使って自動バックアップを取っています。

使い方も導入すれば取り敢えず自動でバックアップできるぐらい簡単で、ログの日本語化も可能なプラグインです。Bukkitならコレを使えば間違いなしでしょう。

以下のサイトからダウンロードすることができます。

\ AutoSaveWorldの公式サイトに移動する /

レンタルサーバーを使う


意外と知られていないのが、レンタルサーバーを使う方法です。

お金はかかりますが、1日28円(月880円)ほど払えば、自動バックアップ付きのレンタルサーバーを借りて、マルチサーバーを運営できます。

レンタルサーバーなので、回線やパソコンのスペックも関係なく快適なサーバーが簡単に用意できるのもメリットですね。本格的にするならこちらがオススメ。

自動バックアップは有料オプションの所が多いのですが、『ConoHaVPS』なら無料で自動バックアップが使えます。私も使っているレンタルサーバーです。

ConoHaVPSはマイクラ専用のサーバー作れるレンタルサーバーで、サーバー構築も自動でやってくれます。なので、初心者の人でも確実にサーバーを立てることができます。

詳しくは以下のサイトでご覧ください。
\ ConoHaVPSの公式サイトに移動する /

コメント

タイトルとURLをコピーしました