【マインクラフトPC PE】地図の作り方と拡張などの基本5つ




地図があれば迷子になりません

地図を作ると広い範囲の地形を見れます。範囲は4回に分けて拡張できてより広い範囲を写し出すことができます。そして自分の現在位置がリアルタイムタイムで確認可能です。

このPC/PEともに追加された地図(マップ)は方向音痴の人には必須のアイテム。そうじゃない人も遠出するなら必須のアイテムといえます。

そこでこの記事では、地図の作り方から拡張・複製方法の基本を詳しく解説するだけではなく、地図をつなげる方法などの応用まで地図のすべてを説明します。

地図とは?

map
地図は自分の現在位置やその近くにある地形をリアルタイムで確認できるアイテムです。

「拠点の周りがどうなっているのか知りたい」「上から見るとどうなっているの?」という疑問が地図を作ることで分かるようになります。

更に、地図は地形が見れるだけではありません。プレイヤーがいる場所をリアルタイムで表示してくれます。プレイヤーが動けば地図の矢印が同じように動きます。

つまり迷子になる可能性を劇的に少なくなる神アイテムともいえる重要なアイテムなのです。これは作るしかありません。

地図の作り方とレシピ

地図レシピ
地図のレシピはコンパス1つと紙8つです。

地図を作るのに必要なコンパスはレッドストーンと鉄が必要になります。レッドストーンは鉄ピッケル以上で回収必要があるので序盤では少し作りにくいかもしれません。

紙はサトウキビを3つ横に並べると3枚の紙を作ることができます。後で詳しく説明しますが、地図の範囲を広げる”拡張”をするには紙を使います。地図を作るのにも使い、拡張するのにも必要になるので、紙を最低32枚ぐらい準備しておくと安心できるでしょう。

サトウキビとコンパスについて詳しくは『【Minecraft】サトウキビの栽培方法と自動化の方法』『【マイクラ】コンパスの作り方!使い方と見方を覚えて迷子を回避』で解説しているので参考にしましょう。

PEで地図を作る方法


PEでは地図を作るのにコンパスが必要ありません。代わりに地図の作り方が紙9つでクラフトするレシピに変更されています。

コンパスが必要ないのでサトウキビさえあれば序盤にでも十分作ることができますね。

地図の使い方

地図の使い方
作ったばかりの地図はまだ白紙の状態で何も写っていません。白紙の地図を手に持ち右クリックすると地図が写るようになります。

地図のどこかに白い矢印があると思います。それが自分の現在位置になっていて、矢印の向きが自分が今向いている向きです。これで自分が今どこに向かって歩いているか・近くに何があるかが分かります。

地図の描写外に移動すると矢印は●になり自分の現在位置が分からなくなってしまいます。地図がないと迷子になる人はこまめに地図を確認しながら移動しましょう。

地図の灰色の所は地図を持ってまだ行ったことがない所です。灰色の所に行くことで地図がだんだん埋まって確認できる範囲が増えていきます。この時地図を開いてその場所に行かないと地図が更新されないので注意しましょう。

地図を埋める時はオフハンドで持ちながらやると、前が見やすくオススメです。

【マインクラフト 1.9】メインハンドとオフハンドの使い方

2015.07.30

PEで地図を使う方法


PEでは地図が最初は「空っぽの地図」になっています。なので空っぽの地図を持って地図を作成をタップしましょう。地図を作成をタップすると地図が作られて表示されるようになります。

ネザーでは地図は使えない。エンドでは使える。


ネザーでは地図を使うことができません。

コンパスと同じようにプレイヤーが向いている方向さえ分からなくなります。これを使える方法はないのでネザーで地図を使うのは諦めましょう。エンドでは問題なく普通に使うことができます。

地図を拡張する方法

地図拡張
作ったばかりの最初の状態の地図は縮尺が大きく、狭い範囲しか確認できません。なのでもっと縮尺を小さくして広い範囲を確認できるように地図を拡張してみましょう。

拡張するには作成済みの地図を真ん中に置き周りを紙でクラフトすることで地図を4回まで拡張する事ができます。拡張した回数は地図にカーソルを合わせると確認できます。

地図を拡張することで見ることができるブロック数は以下のようになっています。

最初の状態128×128ブロック
1回目の拡張256×256ブロック
2回目の拡張512×512ブロック
3回目の拡張1024×1024ブロック
4回目の拡張2048×2048ブロック
縮尺の狭い、広いってなに?
縮尺が大きいほど大きく表示されます。なので細かいところまで見ることができます。ですが、広い範囲を見ることができません。

縮尺が小さいというのは逆に、広い範囲を見ることができますが、細かい所まで見ることができません。

自分がみたい範囲に合わせて縮尺を調整するといいでしょう。注意して欲しいのが縮尺を小さくすることはできますが、大きくすることはできないので注意しましょう。

PEで地図を拡張する方法


PEで地図を拡張するには金床が必要です。金床をタップして左側に地図、右側に紙8枚を置いて合成しましょう。これで地図を1段階拡張することができます。

この時地図が白紙では拡張することができないので、地図を一度使って作成済みにしてから拡張するようにしてください。

地図の複製・コピー

地図複製
地図は一つの地図を複製(コピー)して増やすことができます。1つは保存用として1つは探検用と分けると地図を無くす心配がなくなります。

地図を複製するには、作成済みの地図と白紙の地図をクラフトします。上の画像では白紙の地図を二つ使用していますが、1つでも複製するくことができて最大8つを一度に複製できます。

PEでの地図の複製

PEで地図を複製するのにも金床を使用します。左側に作成済みの地図を右側に白紙の地図を設置して合成すると複製できます。

額縁で掲示板のように地図をつなげられる

額縁に地図
作成した地図を額縁に入れると地図を掲示板のようにつながって見れるようになります。

額縁で入れた地図は地図どうしが隣とキレイに合うようになっているので、複数つなげると世界地図のようになります。まだ地図を埋めていない所は透明になるのもいいですね!

拠点を中心にして地図を広げていくと今後どのように開拓するかのイメージがしやすいのでオススメですよ :-)

【マイクラPC PE】額縁の作り方から使い方まで5つを解説

2016.03.26

2 件のコメント

  • 地図を拡張したんですが、1回しか拡張することが出来ません。
    2回目以降も拡張する場合はどうすればいいですか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です