【マインクラフトPC PE】地図の作り方と拡張などの基本5つ

マインクラフトの世界はとても広く方向音痴の人はすぐ迷子になってしまいます。地球8個分とも言われていますからね。

ですが、PC・PEともに追加された地図というアイテムを作ることによって付近の地形を簡単に把握できるようになり迷子になりにくくなります。

地図には自分の現在位置が表示されるのですぐ迷子になる人には必須のアイテムになるでしょう。なのでぜひ作っておくことをオススメします!

地図とは

map
地図は自分の現在位置やその近くにある地形をリアルタイムで確認できるアイテムです。

地図は初期の段階だと縮尺が大きく、狭い範囲しか確認することができません。縮尺を小さくする事で広い範囲を確認できます。

また、地図は最初から全て確認できるわけではなく埋っていない所は実際に地図を持ってその場所まで行かなければいけません。

地図のレシピ

地図レシピ
地図を作るには紙とコンパスが必要です。どちらも決してコストの高い素材ではないので序盤でも作れるでしょう。

紙は地図を拡張する時にも必要になるので少し多めに用意しておくと後々、楽です。

【Minecraft】サトウキビの栽培方法と自動化の方法』を参考にして栽培しておこう。

PEでの地図の作成

PE地図作成
PEではコンパスが地図の作成時に必要ありません。ですが、この地図には自分の現在位置が表示されず周りの地形だけが確認できます。

自分の現在位置を確認できるようにするには、作成した地図をコンパスと金床で合成することで自分の現在位置を確認できる地図を作成できます。

※金床が分からない方は『金床を作って修理・合成をしよう!使い方と作り方の基本から説明』を参考にしよう。

地図の使い方

地図の使い方
作ったばかりの地図はまだ白紙の状態で何も写っていません。白紙の地図を手に持ち右クリックすると地図が写るようになります。

地図のどこかに白い矢印があると思います。それが自分の現在位置になっていて、矢印の向きが自分が今向いている向きです。これで自分が今どこに向かって歩いているか・近くに何があるかが分かります。

地図の描写外に移動すると矢印は●になり自分の現在位置が分からなくなってしまいます。地図がないと迷子になる人はこまめに地図を確認しながら移動しましょう。

地図の灰色の所は地図を持ってまだ行ったことがない所です。灰色の所に行くことで地図がだんだん埋まって確認できる範囲が増えていきます。この時地図を開いてその場所に行かないと地図が更新されないので注意しましょう。

PC1.9からオフハンドで地図を持つことで前が見やすくなり安全に地図を埋めれるようになりました。オフハンドの使い方は『【マインクラフト 1.9】メインハンドとオフハンドの使い方』を参考にしよう。

地図の拡張

地図拡張
作ったばかりの初期の地図は縮尺が大きく、狭い範囲しか確認できません。なのでもっと縮尺を小さくして広い範囲を確認できるように地図を拡張してみましょう。

拡張するには作成済みの地図を真ん中に置き周りを紙でクラフトすることで地図を最大5段階まで拡張する事ができます。

PEでの地図の拡張

PEで地図を拡張するには金床を使用します。左側に地図右側に紙8枚を置いて合成することで拡張できます。

この時地図が白紙では拡張する事ができないので地図を一度使い作成済みにしてから拡張するようにしてください。

地図の複製

地図複製
地図は一つの地図を複製して増やすことができます。一つは保存用として一つは探検用と分けることができるようになりますね :)

地図を複製するには、作成済みの地図と白紙の地図をクラフトするだけです。上の画像では白紙の地図を二つ使用していますが、一つでも複製でき最大8つを一度に複製する事ができます。

PEでの地図の複製

PEで地図を複製するのにも金床を使用します。左側に作成済みの地図を右側に白紙の地図を設置して合成すると複製する事ができます。

おまけ:額縁で掲示板のように

額縁に地図
作成した地図を額縁に入れる事で作成した地図を掲示板のように見る事ができます。
1.7.2から額縁で入れた地図は大きくなり隣とキレイに合うようになったので複数繋げると世界地図のようになります。まだ地図を埋めていない所は透明になるのもいいですね!