【マイクラ】足場ブロックの作り方と使い方3つ

足場ブロックの作り方と使い方について解説します。

足場は文字通り「足場として利用」できます。家を建築する時や、高い所に登るときに活躍するブロックです。使い方に少しクセがありますが、慣れたら便利なブロックなので、一度使ってみて欲しいブロックになります。

そこでこの記事では、足場の作り方と使い方について解説します。

足場の作り方

足場を作るには「」と「」が必要です。

竹はジャングルバイオームに生成される植物なのですが、一度見つけてしまえば、大量の竹が手に入るので簡単です。糸はクモを倒すことで手に入ります。大量に手に入れるには廃坑を探すと良いでしょう。

どちらもレアなアイテムではありませんが、足場は大量に必要になるので、素材も大量に集めないといけません。足場ブロックを64個ぐらい作れば取り敢えず安心して使えると思います。

出来るだけたくさん作りましょう。

足場の使い方

足場 置き方
足場はレティクルの位置によって置く場所が変わります。

足場の横側にレティクルを合わせて右クリックすると、上方向に足場が置かれます。これで、ジャンプしながら置かなくても、好きな高さまで足場を設置できるので便利です。高さ制限はありません。

そして、足場の上側にレティクルを合わせて右クリックすると、向いている方向に足場が置かれていきます。伸ばしたい方向を向いて、足場を設置するようにしてください。まず、この2つの違いを理解しましょう。

足場を登りたい時は、足場の中に入ってスペースを押すと、はしごのように登っていきます。逆に降りたい時はシフトを押してください。これは直感的にできると思います。

次に、足場の変わった特徴を解説します。

足場は落ちる

足場は6ブロック毎に落ちます。

マイクラの中では珍しく、足場は重力によって落ちていく特徴があります。6ブロックまでは耐えるのですが、7ブロック目からは下に落ちて積み重なっていく感じです。リアルですね。

また、足場を壊すときは一番下の所を壊してください。足場は重力によって落ちていくので、壊した足場より上にある足場は連鎖して壊れてくれます。サボテンと同じようか感じです。

その他には、足場は燃えると消えるので注意しましょう。特にネザーで使う時は、足場がマグマに触れると燃えだすので危険です。燃えると足場が崩壊するので気を付けてください。