【鯖管必見!!】荒らし(ハッカー)視点から見る荒らし対策3つ

前回は最低限の荒らし対策という事でサーバーの設定をしました。
ですが、私はサーバーの設定よりも、サーバーを運営する人の知識と力量の方が大事だと思っています。

考えてみて欲しいのですが、どの様な荒らしがあるのかも知らずに対策はできるでしょうか?
荒らしはどのように荒らすのか、どう見分けたらいいかなどを知っているか知っていないかで全然違うと思いますし、今後サーバーを運営していく中で役に立つと思います。

なので今回は、荒らし視点から説明したいと思います。

X-Ray 透過MOD

2015-05-31_00.28.57
生活鯖のBANリストを見てるとこのX-Ray 透過MODによるBANが多いようです。

鉱石の場所を地上からでも分かるのでダイヤなどを集中的に荒らされます。
X-Rayを使っている人は鉱石まで一直線に掘っていくという分かりやすい特徴があります。

FoundDiamondsなど鉱石を掘った時間や場所・個数が分かるPluginを導入しておけば、
明らかにダイヤを見つける間隔が早すぎると分かるので、大体の目星を付ける事ができますよね。

HawkEyeなどのログを残すPluginがあれば通った道のログを見れば誰が犯人を突き止めることができます。

また、Spigotにはanti X-Rayが標準で付いているので完全に対策する事ができます。
【Spigot】Anti X-Rayという設定があったので実際に使ってみた【+設定方法】

Bukkitの人は全く同じ効果のOrebfuscatorというPluginも存在しています。

チェスト

2015-05-31_00.22.12
チェストの位置が分かるハックです。
チェストがある所が見えるのでどこにあるかが簡単に分かります。

LocketteLWCなどといったチェスト保護Pluginを入れていないと簡単に取られてしまいますね。チェストの場所は全てわかってしまうという事を覚えておきましょう。

プレイヤー

2015-05-31_02.04.09
プレイヤーの位置が分かるハックです。
遠くからでも何処にいるか何を装備しているかなどが分かりますね。

ここで一つ重要な事があります。
プレイヤーの位置が分かるのですが、透明化Potを使用していても分かるということ

後ろから透明化Potで見ようとしても完全にバレてしまいます。
ですがBukkitのhideという関数はサーバーから存在を消すので、ハックを使ってもバレる事がなくなります。なので、監視する時は自分の存在を消せるPluginで消して監視するようにする事をオススメします。

最後に

今回紹介したことだけでも荒らし対策をするのに考え方が変わったと思います。
この他にも数多くのハックや荒らしの手段があるので、安心せず勉強をしていきましょう!

『こんな荒らしにあった』『こう対策した』などがあれば是非コメントで教えてください。

3 件のコメント

  • 荒らし対策やハッカー対策をしていたのですが、アメ〇カのハッカー集団に襲われてしまいました
    5人一気に入ってきて、サーバー制圧予告をしてきて、なぜかOP権を取得してキックしてきたのでBANをしたのですが、BANしたのに普通にサーバーに入ってきて、OP権も奪えないので、サーバーを落として対処したのですが、今でも怖くてサーバーを開ける気になりません。
    このようなハッカー集団に対しては、どう対策したらよいのですか?

    • どのようなPlugin構成でどの様に設定していたのか分からないので分かりませんが、PermissionsEx等を使い正しく権限を制御してください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です