【マイクラ】スノーゴーレムの作り方とドロップ | 溶けて死ぬ原因はなに??

スノーゴーレムについて解説します。

雪だるまのような見た目をしているのが「スノーゴーレム」です。可愛らしい見た目をしているだけでなく、敵にしては雪玉を投げて戦うという頼もしい一面もあります。

スノーゴーレムを使えば、雪玉を無限に手に入れたり、家を防衛できたりと、使い道はたくさんあります。

そこでこの記事では、スノーゴーレムについて詳しく解説します。

スノーゴーレムの作り方

スノーゴーレムの作り方
スノーゴーレムを作るには「雪ブロック」と「くり抜かれたカボチャ」が必要です。

雪ブロックは、雪玉が4個必要になるブロックなのですが、雪さえあれば簡単に手に入るので、集めるのに苦労しません。くり抜かれたカボチャも、カボチャがあればすぐに作れます。

スノーゴーレムを作る際は、上の画像のように、雪ブロックを2ブロック置いた上に、くり抜かれたカボチャを設置します。そうすると一瞬でスノーゴーレムがスポーンします。

くり抜かれたカボチャは「ジャック・オ・ランタン」でも代用可能です。

素顔を見る方法

スノーゴーレムの素顔を見るには「ハサミ」が必要です。

実はスノーゴーレムのカボチャは被り物です。そしてそのカボチャを強制的に外して素顔を見ることが出来ます。少し可哀そうですが、素顔は笑顔に見えるので、見たい人は見てみてください。

ハサミを持って右クリックするだけです。ついでに、くり抜かれたカボチャをドロップします。

溶けて死んじゃう原因

スノーゴーレムは、溶けて死んでしまう可能性があります

その原因としてバイオームが関係しています。スノーゴーレムは「砂漠、荒野、サバンナ、ジャングル、ネザー」では生きていけません。生まれた瞬間にダメージを受けて死んでしまいます。

それ以外にも、雨や水に触れるだけでも死んでしまうので注意しましょう。

ドロップアイテム

スノーゴーレムを倒すと「雪玉」がドロップします。

雪玉は投げることができるアイテムです。当ててもダメージを与えることはできませんが、ノックバックさせるので、距離を保つことはできます。とはいえ倒せないので、強くはないでしょう。

スノーゴーレムを倒した時に0~15個の雪玉をドロップします。

スノーゴーレムの使い道

  • 雪玉製造機を作る
  • 家を防衛する

スノーゴーレムの使い道を2個紹介します。

雪玉製造機を作る


スノーゴーレムを使って「雪玉製造機」が作れます。

雪玉製造機は、雪玉を簡単に手に入れることが出来る装置です。スノーゴーレムの足元には雪が作られる特徴があります。なので、スノーゴーレムを一か所に固定してしまえば、無限に雪玉を取ることができます。

作り方はとても簡単です。どんな方法でもいいので、スノーゴーレムを逃げないように固定すれば大丈夫。あとは、足元が見えるように作れば、どのような形でも大丈夫ですよ。

スノーゴーレムは1匹だけで十分です。

家を防衛する

スノーゴーレムで家を防衛する
スノーゴーレムを使って「家を防衛」できます。

スノーゴーレムは敵を見つけると雪玉を投げる特徴があります。これを利用して、家の周りにスノーゴーレムを設置しておけば、勝手に攻撃して守ってくれます。

とはいえ、雪玉の攻撃力は0なので、時間稼ぎにしかなりません…。一緒にアイアンゴーレムを設置するなど、色んな対策を考えてみましょう。複数いると心強いですよ。