【マイクラ】雪玉の作り方と使い道 | 投げて敵を攻撃できる。

雪玉について解説します。

雪玉は投げることができるアイテムです。攻撃力が0なので、相手にダメージを与えることはできませんが、ノックバックを与えられます。入手方法も簡単なので、お手頃な戦闘武器になるでしょう。

また、雪玉を使った使い道もたくさんあります。

そこでこの記事では、雪玉について詳しく解説します。

雪玉の入手方法

  • 自然から手に入れる
  • スノーゴーレムを倒して
  • 雪玉製造機を使う

雪玉の入手方法を3個紹介します。

自然から手に入れる


スコップを使って雪から「雪玉」を作れます。

氷雪バイオームや山岳バイオームに雪は生成されます。上の画像のように見れば雪と分かるのですが、この白いのをスコップで壊すと、雪玉がドロップします。

雪の層によって変わってきますが、1~8個の雪玉が手に入ります。

スノーゴーレムを倒して

スノーゴーレムを倒すと、雪玉を0~15個ドロップします。

スノーゴーレムは自然にスポーンしません。プレイヤーが自分で作り出さないといけない友好モブです。倒す必要はないのですが、倒した場合は雪玉をドロップします。

雪玉を集めるには効率が悪いので、次に紹介する「雪玉製造機」を作りましょう。

雪玉製造機を使う

雪玉製造機
スノーゴーレムを使って「雪玉製造機」が作れます。

雪玉製造機は簡単に雪玉を手に入れられる装置です。スノーゴーレムが1匹いれば無限に雪玉を作り出せるので、雪玉が必要な人は絶対に作った方が良いでしょう。それぐらい便利な装置です。

作り方はとても簡単で、スノーゴーレムを動かないように固定するだけです。上の画像のように固定してしまえば、足元に作られる雪を無限に回収できます。

スノーゴーレムの下にホッパーを設置すれば、自動回収も可能です。

雪玉の使い方

雪玉は右クリックで投げられます。

投げた雪玉は放射線状に飛んでいきます。また、雪玉は連続して投げることができます。その場合は右クリックを長押しするだけです。すぐに無くなるので、計画的に投げてくださいね。

雪玉は16個1スタックです。

雪玉のダメージ

雪玉にダメージはありません。

どんなにモンスターに当ててもダメージがないので、絶対に倒せないので注意してください。その代わりにノックバックがあります。ノックバックで相手を近づけなくしたり、高い所から落としたりできます。

スノーゴーレムの攻撃も雪玉なので、敵を倒せないのと一緒です。

エンダードラゴンにもダメージを与えられないので、注意してください。

ブレイズには有効

ブレイズだけには3ダメージ与えます。

ネザーにいるブレイズだけは別です。火系のモンスターだからなのか分かりませんが、ブレイズだけは雪玉にダメージがあるので、倒すことが出来ます。しかも、ノックバックもあります。

ブレイズは地味に強い敵モンスターで、距離を取って戦うのが安全です。そのような時に雪玉があると簡単に戦えるので、選択肢のひとつとして考えても良いと思います。

雪玉の使い道

  • 雪ブロック
  • エンドクリスタルを壊す

雪玉の使い道を2個紹介します。

雪ブロック

雪ブロック
雪玉を4個つかって「雪ブロック」が作れます。

雪ブロックは雪を固めたブロックで、スノーゴーレムを作るのに必要になるブロックです。その他に特に使い道はないのですが、雪を使った建築がしたい場合は、建築ブロックとして使いやすいブロックになります。

1ブロック作るのに、雪玉が4個必要になるので、たくさんの雪玉が必要です。

エンドクリスタルを壊す

雪玉を使って「エンドクリスタル」が壊せます。

エンドクリスタルは、エンダードラゴンを回復させる効果のあるブロックです。エンドクリスタルを壊さないといけないのですが、壊そうとすると爆発するので、遠距離から壊す必要があります。

そこで便利なのが雪玉です。雪玉は投げることができるので、エンドクリスタルを壊すことができます。

100万円&豪華景品のチャンス!

レンタルサーバーで有名な「ConoHaVPS」が8周年記念キャンペーン中!!

総額100万円クーポンが貰えたり、
Switch」「iPad Pro」「HHKB」が当たるチャンス!

参加条件は「ConoHaアカウントを持っている
ことなので誰でも無料で出来ます。

持っていないならアカウントを作って参加しよう!

\ 8月4日(水) ~ 18:00 締め切り迫ってます! / キャンペーンサイトへ
シェアする
脱・初心者を目指すマインクラフト

コメント

悩みが解決しない場合

次の方法を試してみましょう。

Twitterで質問する

当ブログの管理者に質問してみましょう。絶対ではありませんが答えてくれるか、記事に書いてくれるかもしれません。

キーワードで検索する

悩みのキーワードを検索してみましょう。ブログにはたくさんの記事が投稿されています。