【Minecraft】コンクリートの作り方と水との特性など基本3つ

マインクラフトについにコンクリートが追加されました。

現代風のブロックが追加されましたね。工業MODとかにありそうです。そこで今回はコンクリートブロックの作り方と特性など基本から解説したいと思います。

コンクリートパウダーの作り方


コンクリートブロックを作るにはコンクリートパウダーが必要になっていきます。コンクリートパウダーは砂と砂利4つ、染料1つがレシピの材料です。

砂と砂利だけではなく染料も必要という少し面倒なレシピになっていますが、一度に8個作ることができます。因みにレシピは不定形なので好きなように置いてもらって構いません。

砂と砂利の重要度が上がってきましたね。集めるのが難しいブロックではないので作るの自体は簡単そうです。染料は全16色なので、コンクリートパウダーも16色あります。

あわせて読みたい >>【マイクラ】染料の作り方は?素材となる材料や16色の組み合わせ方

コンクリートパウダーは重力に影響される

コンクリートパウダーは、砂と砂利と同じように重力に影響され落ちていきます。コンクリートになる以外は砂や砂利と同じ扱いなので建築物に使うときは扱いに注意してください。

コンクリートブロックを作る方法


コンクリートパウダーは水に触れた瞬間にコンクリートに変わります。なので、コンクリートパウダーをコンクリートブロックにするには、いちいち水をかけないといけない面倒な作業が必要になります。水に触れた瞬間に固まるので足場として使えますが、埋め立てには使いにくそうですね。

コンクリートブロックはツルハシで回収することができます。シルクタッチなどは必要なく、木のピッケルでも回収することができます。

【人気漫画】進撃の巨人 24巻 発売中!

おすすめの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です