【マイクラ】レンガとは?作り方から使い道までの基本4つ

レンガは粘土から作れる建築ブロックです。

レンガはレンガブロックにすることで階段やハーフブロックにクラフトできます。また、ネザーレンガという色が違うレンガも存在するんです。

そこでこの記事では、レンガ・ネザーレンガの作り方から使い道までの基本を解説します。

レンガとは


レンガは粘土から作れる建築ブロックです。

レンガを4つクラフトすることでレンガブロック1個が作れます。このレンガブロックを更にクラフトすることでレンガの階段にしたり、ハーフブロックにできます。

洋風な建築で使われることが多いブロックなのではないでしょうか。お城とか花壇にも使えそうですね。レンガは他にも植木鉢にしたりできます。

必要?

レンガは建築ブロックです。

なので作ったからといって生活が豊かになるようなこともなく、特殊な効果もありません。

「このブロックを使って建築したい」という方以外は後回しで良いでしょう。

作り方


レンガは粘土を精錬して作ります。

水場の近くに時々ある粘土ブロックを壊すと粘土が手に入ります。この粘土を精錬することでレンガを作ることができます。

このレンガをさらにクラフトしてレンガブロックにするので、まずはレンガを作りましょう。

あわせて読みたい >>【マイクラ】粘土の集め方からレンガ/堅焼き粘土の作り方まで完全解説

レンガブロックにする


レンガブロックはレンガ4個で1個作れます。

レンガ系のブロックを作るにはこのレンガブロックが必要になるので、レンガは全部レンガブロックにしてしまっても良いかもしれませんね。

レンガの階段とハーフブロックを作る


レンガブロックを上記の形でクラフトすると階段やハーフブロックが作れます。

素材が変わっただけで木材などと変わらない配置なので覚えやすいですね。自分が必要な分だけクラフトして作りましょう。

ネザーレンガもある


ネザーラックを精錬するとネザーレンガにできます。

ネザーレンガは普通のレンガと基本的には同じように使うことができるアイテムです。ネザーラックはネザーならばどこにでもあるブロックなので手に入れやすいブロックです。

ネザーブロックと階段とハーフブロック


ネザーレンガは上の画像のようにクラフトすることができます。

これらは普通のレンガと全く一緒ですね。違う点は色が違うだけです。

ネザーレンガフェンスの作り方


ネザーブロック6個でネザーレンガフェンスが作れます。

普通のレンガでは作れないフェンスがネザーレンガの場合だけ作ることができます。見た目がレザーレンガなだけで、機能的には普通のフェンスと変わりません。

使い道

ネザー要塞
レンガの使い道はやはり建築ブロックとして使うことではないでしょうか。

ネザーにはネザーレンガ系のブロックをたくさん使った建築物があります。このようにお城や要塞などの建築物を作ってみるのも良いですね。

機能的な効果がないレンガは建築用のブロックとしての使い道が主になりそうです。

レンガから植木鉢が作れる

植木鉢はレンガ3個で作ることができるブロックです。

植木鉢には花などの植物を植えて飾ることができる特殊なブロックで、家の中に飾ればとてもオシャレなので作ってみると良いかもしれませんよ。

あわせて読みたい >>【マイクラ】植木鉢とは?作り方と使い方の基本3つ

まとめ

押さえておきたい2つのポイント
  • 粘土からレンガが作れる
  • レンガは建築用のブロック
レンガ・ネザーレンガの作り方から使い道についてでした。

レンガは洋風な建築に向いているブロックですが、使い方次第では日本建築にも使えるので建築が好きという方は是非作ってみてください。

粘土を集めるのが大変ですが、その分の価値はあると思いますよ。

おすすめの記事

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です