【マイクラ】レンガとは?作り方と使い方の基本4つ

レンガは粘土から作れる建築ブロックです。

レンガはレンガブロックにすることで階段やハーフブロックにクラフトできます。また、ネザーレンガという色が違うレンガも存在するんです。

そこでこの記事では、レンガ・ネザーレンガの作り方から使い道までの基本を解説します。

レンガとは


レンガは粘土から作れる建築ブロックです。

レンガを4つクラフトすることでレンガブロック1個が作れます。このレンガブロックを更にクラフトすることでレンガの階段にしたり、ハーフブロックにできます。

洋風な建築で使われることが多いブロックなのではないでしょうか。お城とか花壇にも使えそうですね。レンガは他にも植木鉢にしたりできます。

レンガは必要?

レンガは建築ブロックです。

なので作ったからといって生活が豊かになるようなこともなく、特殊な効果もありません。

「このブロックを使って建築したい」という方以外は後回しで良いでしょう。

レンガの作り方


レンガは粘土を精錬して作ります。

水場の近くに時々ある粘土ブロックを壊すと粘土が手に入ります。この粘土を精錬することでレンガを作ることができます。

このレンガをさらにクラフトしてレンガブロックにするので、まずはレンガを作りましょう。

レンガブロックにする


レンガブロックはレンガ4個で1個作れます。

レンガ系のブロックを作るにはこのレンガブロックが必要になるので、レンガは全部レンガブロックにしてしまっても良いかもしれませんね。

レンガの階段とハーフブロックを作る


レンガブロックを上記の形でクラフトすると階段やハーフブロックが作れます。

素材が変わっただけで木材などと変わらない配置なので覚えやすいですね。自分が必要な分だけクラフトして作りましょう。

ネザーレンガもある


ネザーラックを精錬するとネザーレンガにできます。

ネザーレンガは普通のレンガと基本的には同じように使うことができるアイテムです。ネザーラックはネザーならばどこにでもあるブロックなので手に入れやすいブロックです。

レンガの使い道

ネザー要塞
レンガの使い道はやはり建築ブロックとして使うことではないでしょうか。

ネザーにはネザーレンガ系のブロックをたくさん使った建築物があります。このようにお城や要塞などの建築物を作ってみるのも良いですね。

機能的な効果がないレンガは建築用のブロックとしての使い道が主になりそうです。

植木鉢が作れる


植木鉢はレンガ3つで作れるブロックです。

植木鉢は花などの植物を植えてかざれます。家の中や外の寂しいところに植木鉢を飾ればオシャレになるかもしれませんよ。

レンガのまとめ

  • 粘土からレンガが作れる
  • レンガは建築用のブロック

レンガ・ネザーレンガの作り方から使い道についてでした。

レンガは洋風な建築に向いているブロックですが、使い方次第では日本建築にも使えるので建築が好きという方は是非作ってみてください。

粘土を集めるのが大変ですが、その分の価値はあると思いますよ。

レンガのID, 基本情報

希少性 再生 スタック エンティティID
通常 不可 可能(64) brick

レンガをコマンドで入手する

レンガを1つ入手する
/give @p minecraft:brick

100万円&豪華景品のチャンス!

レンタルサーバーで有名な「ConoHaVPS」が8周年記念キャンペーン中!!

総額100万円クーポンが貰えたり、
Switch」「iPad Pro」「HHKB」が当たるチャンス!

参加条件は「ConoHaアカウントを持っている
ことなので誰でも無料で出来ます。

持っていないならアカウントを作って参加しよう!

\ 8月4日(水) ~ 18:00 締め切り迫ってます! / キャンペーンサイトへ
シェアする
脱・初心者を目指すマインクラフト

コメント

  1. H1ka2 より:

    超変わったねぇ

悩みが解決しない場合

次の方法を試してみましょう。

Twitterで質問する

当ブログの管理者に質問してみましょう。絶対ではありませんが答えてくれるか、記事に書いてくれるかもしれません。

キーワードで検索する

悩みのキーワードを検索してみましょう。ブログにはたくさんの記事が投稿されています。