【マイクラ】粗い土の作り方と使い道について – 特殊効果1つ

粗い土の作り方と使い道について解説します。

粗い土は、マイクラにある土のひとつです。見た目は殆ど普通の土ブロックなのですが、普通の土にはない特殊な効果が粗い土には存在します。

そこでこの記事では、粗い土の作り方から特殊効果まで詳しく解説します。

粗い土の入手方法


粗い土は「タイガ」「荒野」「サバンナ」系のバイオームに生成されます。

見た目が普通の土とそっくりなので、見分けが付かない人もいますが、少し色が濃い所で判断でしてください。上の画像はメサバイオームにある粗い土です。一度見つけたら大量にあります。

粗い土は土系ブロックなのでシャベルが適正ツールです。素手で壊してもドロップします。

粗い土の作り方

粗い土を作るには「砂利」と「」が必要です。

どちらも簡単に手に入れることができるブロックなので、探すより作った方が早いでしょう。1度のクラフトで4個できるので、数を集めるのもそこまで大変ではないと思います。

普通の土に戻す方法


粗い土は「クワ」を使って戻せます。

クワは土を耕す道具です。ですが、粗い土を普通の土に戻す効果もあります。粗い土 → 普通の土 → 耕した土 と変化させることが出来るのです。簡単に作れる道具なので、作ってみましょう。

やり方は簡単で、クワを持って粗い土にカーソルを合わせて右クリックです。

粗い土の効果と使い道


粗い土は草ブロックやキノコ島バイオームの菌糸の伝播の影響を受けない特徴があります。勝手に草ブロックや菌糸にならないってことですね。

そしてこの特徴ことが粗い土の使い道です。例えば、土で道を作ったのに草ブロックになって道が無くなったということを無くしてくれます。

ここだけは普通の土のような見た目にしたいなぁって所に使うと良さそうですね。