【Minecraft】作業台の作り方と使い方を解説!!一番最初に作る必要のある大事なブロックです。




マインクラフトを初めて一番最初に作るであろうブロック。それが作業台です。

作業台はブロックを作る上で必ず必要になってくるとてもとても重要なブロックです。なので作業台の作り方と使い方を解説するので覚えておきましょう。

作業台の作り方


作業台を作るには木材が4つ必要になります。原木1つで木材が4つ手に入るので、原木1つさえあれば作ることができます。基本中の基本の大事なブロックなのでまず作りましょう。

作業台は基本的に1つだけ作れば使いまわしすることができるので大丈夫です。ですが私のように作ってほったらかしにしてしまう性格の人は何度も作る必要があるかもしれませんね。

作業台の使い方


作業台を右クリックすることで、物が作れる画面を表示できます。この画面には3×3のスロットがあるのですが、このスロットにアイテムを並べることでアイテムを作ることができます

上のGIFは作業台を使ってチェストを作っているところですね。原木を木材にして、木材をチェストにしています。アイテムは右クリック左クリックどちらでも構いません。

作業台を回収したい時はそのまま作業台を壊してしまっても大丈夫です。

作業台を使う上で使える小技


是非覚えて欲しいのが、アイテムを並べる動作をショートカットする小技です。

ドラック(クリックしたまま移動)するとアイテムが連続で設置できるということです。上のGIFを見ると分かりやすいですね。チェストやドアを作る時にいちいち置くより、連続でおけるので早いです。

ドラックでも右クリックと左クリックでするのでは動作が違ってきます。上のGIFでは最初が左クリックで、最後が右クリックのドラックです。

左クリックのドラックでは、アイテムが均等に振り分けられるのに対して、右クリックのドラックでは1つだけ設置されていきます。なので、たくさん作りたいときは左ドラックで、1つだけ作りたい時は右ドラックと使い分けると良いでしょう。

最後に

作業台は序盤から中盤終盤までお世話になる大事なブロックです。どんな時でもインベントリに1つでも入っていると、いざという時に必ず役に立ってくるので、1つは常に持ち歩くのをオススメします。

私はインベントリの圧迫を防ぐ為に原木を持ち歩いて、必要な時に作業台にして使っています。とにかく持っていると便利なので作っておきましょう :)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です