【マイクラ】ホッパー付きトロッコの作り方と使い方について

ホッパー付きトロッコについて解説します。

ホッパー付きトロッコは、ホッパーが合体したトロッコです。名前の通り、トロッコにホッパーが合体してあるので、ホッパーが線路上を移動できると思えば分かりやすいでしょう。自動化に役立ちます。

そこでこの記事では、ホッパー付きトロッコの作り方から使い方まで詳しく解説します。

ホッパー付きトロッコの作り方

ホッパー付きトロッコを作るには「ホッパー」と「トロッコ」が必要です。

当たり前ですが、名前についている2つのアイテムが必要になります。トロッコもホッパーも鉄が必要になるので、量産しようとすると大量の鉄が必要です。消費アイテムじゃないのが唯一の救いですね。

設置されているホッパー付きトロッコを壊すと、それぞれ別々にドロップして分解されます。そうなったら面倒ですが、再度クラフトして戻してあげましょう。ロストする危険性はありません。

ホッパー付きトロッコの使い方

  • 回収する方法
  • 回収しない方法
  • 取り出す方法

ホッパー付きトロッコの使い方を解説します。

基本的な使い方は普通のトロッコと変わりません。設置方法や走らせ方も変わらないので、詳しくは「トロッコの作り方と使い方」を参考にしてください。この記事では、より具体的な紹介をします。

回収する方法

ホッパー付きトロッコは、近くのアイテムを回収してくれます。

普通のホッパーと違うのは、回収できる範囲が広いところです。線路に落ちているアイテムや、1ブロック上のアイテムまで回収できるので、ホッパー付きトロッコ1個だけで広範囲をカバーできます。

回収する方法も、走らせるだけなので回路などは必要ありません。

回収しない方法

ホッパー付きトロッコは「アクティベーターレール」で回収しなく出来ます。

普通とホッパーと同じように、レッドストーン信号を与えると動かなくなります。ホッパー付きトロッコに信号を送るには、アクティベーターレールを使用しましょう。信号が入力されている間だけ回収が停止されます。

回収したくない場合に利用してください。

取り出す方法

ホッパー付きトロッコの下に「ホッパー」を置きましょう。

ホッパー付きトロッコをホッパーの上で停めれば、自動的にアイテムを取り出せます。定期的にホッパーの上に戻すことで、インベントリが一杯で回収できないのを回避してください。

レッドストーン回路を上手に利用すれば、完全自動化も可能です。

ホッパー付きトロッコの使い道

  • 自動回収装置

ホッパー付きトロッコの使い道を紹介します。

自動回収装置

ホッパー付きトロッコを使って「自動回収装置」が作れます。

自動回収装置を作れば、トラップタワーなどの散らばったアイテムを自動的に回収して、チェストまで入れることが可能です。無駄なロストもなくなって、プレイヤーも動く必要がないので、とても便利です。

トラップタワーを作った際には、導入を検討してみてください。