【マインクラフト】BANコマンドでプレイヤーを追放しよう!解除する方法などの基本を説明

ban-i

マルチプレイをしていると特定のプレイヤーをBANしなくてはいけない時があるかもしれません。いざその場面に直面した時にBANのやり方をを知らないと対応ができません。

知っているのと知っていないのではマルチをする上で全然違うので、サーバ管理者では無くても知っておいて損は無いと思います。

BANとは?

ban
BANとは英語で『禁止、反対、追放』という意味があります。マルチでBANする・されるというのはサーバに入れなくなるという意味だと思えばいいでしょう。

BANされるとBANされたサーバには解除されるまで入ることができなくなってしまいます。解除されたらまた入ることができますが、BANされるような行為は絶対にしないようにすることが大事です。

グローバルBAN

MCBansというBANしたプレイヤを共有できるプラグインがあります。このプラグインでグローバルBANされると、そのアカウントの評価値10(初期値)が減らされて0になると、MCBansを導入しているサーバ全てに入れなくなります。

それなりに導入しているサーバは多いので、自分のアカウントを守る為にも荒らしなどはしないようにしなければいけません。

自分ならMCBansを導入していなくても、事前に参加したいプレイヤーにBAN履歴が無いか確認して点数が下がっていたら参加を断るでしょう。

ローカルBAN

逆にこっちはBANされたサーバ意外に影響を受けないBANになっています。

他のサーバには入ることができますが、サーバ毎にBANリストを公開している所が多いのでやはり事前にGoogleでプレイヤー名を調べて前科があるか確認される対象になる可能性が高いです。

IPBAN

前の二つとは種類が違いますがIPBANというのもあります。

サーバに接続すると接続してきたIPが管理者には分かります。このIP自体の接続をBANするのがIPBANです。前の二つはアカウントをBANするだけなので違うアカウントを使えばログインできてしまいますが、こちらはIPを変えない限りどのアカウントでもログインできなくなります。

BANする方法

/ban <プレイヤー名> [理由]
指定したプレイヤーをBANすることができます。

/ban-ip <プレイヤー名> [理由]
指定したプレイヤーをIPBANをするコマンドです。IPをBANするのでIPを変更しない限り、サブ垢でも参加することができなくなります。

どちらかというとIPBANした方が安心できます。

BANを解除する方法

/pardon <プレイヤー名>
指定したプレイヤーのBANを解除します。

/pardon-ip <プレイヤー名>
指定したプレイヤーのIPBANを解除します。

banned-players.jsonbanned-ips.json
この二つが通常のBANとIPBANをした時保存されるファイルになっているので、全てのプレイヤーのBANを解除したい時はファイル自体を削除すれば全てのBAN情報が消えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です