【マイクラ】ディスペンサーの作り方と使い方 | ドロッパーとの違いを解説

ディスペンサーの作り方と使い方について解説します。

ディスペンサーは、中に入っているアイテムを発射するブロックです。中に入っているアイテムによって動作が変わって、例えば「矢」が入っていると、ディスペンサーから矢が発射されます。

使い方次第で色んな用途があるブロックなので、レッドストーン回路をする際に活躍するブロックです。

そこでこの記事では、ディスペンサーの作り方から使い道まで詳しく解説します。

ディスペンサーの作り方

ディスペンサーを作るには「丸石」「レッドストーンダスト」「」が必要です。

どのアイテムも入手が難しいわけではないので、作るのは簡単だと思います。ドロッパーとレシピが似ていますが、ディスペンサーの場合は弓が必要です。

また、クラフト以外では、「ジャングルの寺院」で、ディスペンサーが2個ほど使われています。効率は悪いですが、ついでに回収しておくと良いでしょう。

ディスペンサーの使い方

ディスペンサーの使い方
ディスペンサーは「レッドストーン信号が入力された時」に動きます。

例えば、ボタンが押された時や、クロック回路に繋がれた時です。ディスペンサーにレッドストーン信号が入力される度に1回だけ発射されます。レバーだとオンの状態が続いても1回しか発射されません。

その為、なんどもレッドストーン信号が出力される「クロック回路」との相性がとても良いです。

ディスペンサーの中にアイテムを入れたい時は、本体を右クリックするとインベントリが開きます。9個のスロットがあるので、この中に発射させたいアイテムを好きなだけ入れましょう。

ディスペンサーで水を出す

ディスペンサーで水を出し入れできます。

水を出したり、消したり自由に操作したいときってありますよね。例えば、畑を作っている時や、トラップに使う場合です。そのような時にディスペンサーを使うととても便利です。

ディスペンサーの中に「水入りのバケツ」を入れることによって、レッドストーン信号が入力されると水が出てきます。そしてもう一度入力されると、元に戻ります。

これは水だけではなくて溶岩も一緒です。使い方は一緒なので、状況に応じて使ってみてください。

ディスペンサーで種まき

ディスペンサーで種まきはできません。

今の所、種を自動で植える機械は実装されていません。唯一の方法として「村人」を使って、村人に種を植えさせる方法があります。この方法なら全部自動でやってくれますが、作るのが少し面倒です。

因みに、ディスペンサーを使って種は植えられませんが、骨粉は使えます。なので、手動で種を植えたあとに、ディスペンサーで骨粉を使って自動で育てることは可能です。

面倒ではありますが、種は自分で植えるしか方法はありません。

ディスペンサーを連射する方法


ディスペンサーを連射するには「クロック回路」を使いましょう。

クロック回路とは、ONとOFFを繰り返す回路のことです。レバーを高速で使うような感じをイメージすると良いでしょう。これを、ディスペンサーに使えば、簡単にディスペンサーを連射することが可能です。

上の画像では、ディスペンサーに矢が入っている時だけ連射される回路です。

必要になるアイテムも少なくて、作り方も簡単なのでオススメのクロック回路になります。リピーターを右クリックすると、ONとOFFの速度が変わるので、ディスペンサーを連射したい人は使ってみてください。

ドロッパーの違い

似ているブロックとして「ドロッパー」があります。

ディスペンサーとドロッパーの違いは「ドロップされる」か「発射される」かです。その他の違うは、見た目が少し違うだけで、あとの使い方は全く同じです。

例えば、ドロッパーで矢を使うとドロップしますが、ディスペンサーで矢を使うと発射されます。

もうひとつの例えとして、水バケツがあります。ドロッパーで水バケツを使うと水バケツがドロップして、ディスペンサーで水バケツを使うと水が出てきます。これは重要なので覚えておきましょう。