【マイクラ】革の効率のいい集め方は?革装備の作り方と使い道4つ

その他

革を効率よく集めるには「牛の繁殖」から始めましょう。

革は『革防具、額縁、本、革馬鎧』の4つの使い道があります。特に本はエンチャントするのに革が大量に必要です。そのために革を効率よく集める必要があります。

そこでこの記事では、革の入手方法から効率の良い集め方、使い道を詳しく解説します。

革の入手方法


革は牛を倒すことで手に入ります。

牛を倒すと1頭につき0~2枚の革を落とします。牛は草原バイオームや森林バイオームなど幅広い範囲で見つけられます。

固まっていることが多いので、そこを狙えば革を手に入れやすいでしょう。

革の作り方


ウサギの革を4個クラフトすると革1個が作れます。

決してコスパが良いわけではありませんが、使い道のないウサギの革の処理方法をとして革にして利用してもいいでしょう

革の効率のいい集め方

  1. 牛を捕まえる
  2. 牛を繁殖させる
  3. ドロップ増加の剣で倒す
  4. 牛を繁殖させる(繰り返し)

一番効率が良いのは『牛を繁殖させてドロップ増加の剣で倒す』方法です。

野生の牛を倒して革を手に入れるのは効率がとても悪いです。なのでまず牛を繁殖させて数を増やしましょう。自分の欲しい十分な数の牛を繁殖させるのを優先します。

さらにドロップ増加の剣で倒して、革の手に入る量を増やします。

最後は、全部倒さずにまた繁殖させて増やすのを忘れないでください

革を自動で集める装置


革を自動的に集められる装置の作り方の動画です。

牛を一箇所いっかしょに集めるのですが、牛を繁殖させると圧迫あっぱくされて死にます。この動作を簡単にできるのが、この装置です。

コンパクトで作り方も簡単なので、初心者の人でも作れます。シンプルな構造なので是非作ってみてください。牛肉も大量に手に入りますよ。

革の使い道

  • 革防具が作れる
  • 額縁が作れる
  • 本が作れる
  • 革馬鎧が作れる

革の使い道を4つ紹介します。

革防具


革防具を作るのに革が24個必要です。

革防具は一番防御力の低い防具です。ですが、革だけで作れるので序盤でも作れます。

革防具は染料で色をつけれる唯一の防具なので、オシャレに気を使う人は染料で染めて自分だけの防具を作ってみてください。防御力はありませんが。

額縁


額縁を作るのに革が1枚必要です。

額縁はフレームの中にアイテムを入れて飾れるブロックです。チェストに張り付けて、中に何が入っているか確認できるようにしたりできます。

使い方次第で『松明立て、トイレットペーパー』など普通では作れないものを再現できる自由度の高いブロックです。作り方は以下の記事で解説しています。


本を作るのに革が1個必要です。

本はエンチャントテーブルを作ったり、本棚を作るのに必要になります。特に本棚を1個作るのに本が3つ必要になるので、たくさんの革が必要です。

ですが、重要なブロックなので革を集めて優先的に作りましょう。

革馬鎧(PE限定)


革馬鎧(かわうまよろい)を作るのに革が7個必要です。

PE限定ではありますが、革を使って馬の防具が作れます。鉄やダイヤモンドに比べると性能は低いですが、革だけで作れるので簡単に作れます。

取り敢えず装備したいときに作るといいでしょう。JE(PC)では作れません。

まとめ

  • 革は牛を倒すと手に入る
  • 『牛を繁殖させる→ドロップ増加の剣で倒す』のが効率がいい
  • 革の使い道は『革防具、額縁、本、革馬鎧』

革の手に入れ方と効率のいい集め方と使い道についての記事でした。

革は牛を倒せば手に入るので簡単に手に入るアイテムです。ですが、本や額縁というアイテムを作るのに必要になるのでたくさん必要になります。

そのためにも『牛を繁殖させてドロップ増加の剣で倒す』ようにして集めましょう。ドロップ増加の剣がなくても簡単に集められます。

牛がいたらすぐに倒さずに、後々あとあと、楽するためにも牛を繁殖させることから始めましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました