【マイクラ】エンチャントテーブルの作り方!本棚を設置して最高レベルだす使い方!!

エンチャントテーブルには本棚が必要なのを知っていますか?

作るのは少し難しいですが作ってしまえば、道具や防具に特殊効果が付けられる重要なブロックです。例えば攻撃力が上がったり、ダイヤモンドが増えたりする効果が道具に追加したりできます。

そこで今回は、エンチャントテーブルの作り方から本棚の設置方法や使い方を解説します。

作り方


エンチャントテーブルを作るには本1つ、ダイヤモンド2つ、黒曜石4つ必要です。

ダイヤモンドが2つ必要なのと、黒曜石を手に入れる為にはダイヤのツルハシが必要になるので、最低でもダイヤモンドが5個必要になります。

序盤ではコストが高いので作れるのは中盤から終盤にかけてぐらいになりそうですね。

レシピ

必要な材料

本棚の置き方


本棚を周りに設置すると、最高レベルのエンチャントができます。

エンチャントテーブルの周りにただ本棚を設置するだけでは効果がありません。上の画像のようにエンチャントテーブルから1マス離して本棚を設置しましょう。

本棚は全部で15個ひつようになります。

ですがデメリットもあって、最高レベルのエンチャントをしようとすると1~3などの低レベルなエンチャントができなくなります。

なのでエンチャントテーブルを2個用意する人もいます。取り敢えず最高レベルをできるようにしてから、低レベルようのエンチャントテーブルを用意するといいでしょう。

本棚の数0123456789101112131415
最高レベル1012141618202224262830
本棚の作り方

周りにブロックを置いてはダメ

エンチャントテーブルの周り1マスにブロックを設置してはいけません

1マス以内にブロックを設置すると障害物となり、例え最高レベルの配置でも効果を発揮することができません

松明もダメので、くれぐれも置かないようにしましょう。

移動させる方法

エンチャントテーブルはツルハシで壊しましょう。

ツルハシ以外の道具で壊すとエンチャントテーブルが壊れてなくなってしまいます。素手でもダメです。木のツルハシでもいいのでツルハシで壊すようにしてください。

そうすればエンチャントテーブルを壊して、移動させることができます。

使い方


エンチャントをするには経験値とラピスラズリが必要になります。

経験値は、必要レベルと消費レベルに別れていて必要レベルはエンチャントをする為に最低必要になる経験値のレベルです。

消費レベルはエンチャントをした際に実際に消費する経験値のレベルになっています。更に、ラピスラズリはこの消費レベル分必要になります。

例えば、30レベルエンチャントをするには、最低30レベル経験値が必要になり、エンチャントをしたら経験値が3消費され27レベルになります。

確定効果は必ず付与されるエンチャント効果です。これは何かエンチャントしないと変更されず固定されるので、違うエンチャント効果にしたい場合は適当にエンチャントをしましょう。

詳しいエンチャントの方法については以下の記事で説明しています。

エンチャント本も作れる


本にエンチャントを保存できます。

この本のことをエンチャント本というのですが、これをまた金床で道具と合成させると、そのエンチャント本の内容が道具に追加されます。

運要素の強いエンチャントですが、自由に付けたいエンチャントを道具に付けられるので、うまく使うと最強の武器・防具が作れます。

好きな構成でエンチャントを道具に付けることができるので、是非活用してみましょう :)

エンチャントテーブルの自動化


エンチャントテーブルの本棚を自動で出てくるようにする装置です。

この装置の作り方を日本の実況者の人が解説していたのでその動画を紹介します。詳しくは動画をみると分かりやすいです。ボタンひとつで何もなかった地面から本棚がでてきます。

オシャレ…。これ作れたら自慢したくなります。

詳しい作り方は動画で説明されているので、参考にして作ってみましょう。

まとめ

ポイント
  • エンチャントテーブルを作るには『本、ダイヤモンド、黒曜石』が必要
  • エンチャントテーブルを使うには『経験値、ラピスラズリ』が必要
  • 本棚は15個ひつよう
エンチャントテーブルの作り方と本棚の設置方法についての記事でした。

エンチャントテーブルを作るには『本、ダイヤモンド、黒曜石』とダイヤモンドが必要になるので、ゲームが始まった序盤では作るのが難しいです。

エンチャントテーブル以外にも本棚が15つも必要になったり、使うにはラピスラズリが必要になったり用意しないといけないものがたくさん。

ですが、一度作ってしまえばサバイバル生活を快適に過ごすことができる重要なブロックなので、頑張ってエンチャントテーブルを作りましょう。

おすすめの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です