【Minecraft】エンチャントテーブルの作り方と使い方は?ダメな置き方など4つを詳しく教えます。




エンチャントは経験値とラピスラズリを消費して、武器や防具に特殊効果を付けることができる要素です。ダイヤモンドなどを増やせる幸運、矢が減らない無限など多彩なエンチャント効果があります。

そんなエンチャントをするにはエンチャントテーブルが必要になってきます。そこで今回は、エンチャントテーブルの作り方と使い方について詳しく解説したいと思います。

エンチャントテーブルの作り方


エンチャントテーブルを作るには本1つ、ダイヤモンド2つ、黒曜石4つ必要になってきます。

ダイヤモンドが2つ必要なのと、黒曜石を手に入れる為にはダイヤのツルハシが必要になるので、最低でもダイヤモンドが5個必要になります。序盤ではコストが高いので作れるのは中盤から終盤にかけてぐらいになりそうですね。

黒曜石について詳しくは『【Minecraft】黒曜石とは?作り方と壊し方など使い道5つ』、ダイヤモンドについて詳しくは『【Minecraft】ダイヤモンドの使い道は?効率的に手に入れる方法など3つを解説』で解説しています。

エンチャントテーブルの設置方法


エンチャントテーブルは単体でも使うことができるのですが、エンチャントテーブルの周りに本棚を設置することで、よりレベルの高いエンチャントができるようになります。

最高レベルのエンチャントをする際の本棚の設置例が上の画像です。基本的に右の高レベルを設置すれば問題ないでしょう。最終的に、エンチャントテーブルを2つ作って、低レベル用と高レベル用と分けることをオススメします :)

【Minecraft】本棚の作り方とエンチャントでの置き方を解説

2017.07.08

周りにブロックを置いてはダメ

エンチャントテーブルの周り1マスにブロックを設置してはいけません。1マス以内にブロックを設置すると障害物となり、例え最高レベルの配置でも効果を発揮することができません

松明も例外ではないので、くれぐれも置かないようにしましょう。

エンチャントする方法


エンチャントをするには経験値とラピスラズリが必要になります。

経験値は、必要レベルと消費レベルに別れていて必要レベルはエンチャントをする為に最低必要になる経験値のレベルです。

消費レベルはエンチャントをした際に実際に消費する経験値のレベルになっています。更に、ラピスラズリはこの消費レベル分必要になるので覚えておきましょう。

例えば、30レベルエンチャントをするには、最低30レベル経験値が必要になり、エンチャントをしたら経験値が3消費され27レベルになります。

確定効果は必ず付与されるエンチャント効果です。これは何かエンチャントしないと変更されず固定されるので、違うエンチャント効果にしたい場合は適当にエンチャントをしましょう。

【Minecraft】ラピスラズリの使い道は?入手方法から使い方まで3つを解説

2017.05.22

エンチャント本も作れる

本にエンチャントすることで、エンチャント本を作ることができます。エンチャント本はエンチャントが本に保存され、金床で合成することでエンチャントを付けることができます。

好きな構成でエンチャントを道具に付けることができるので、是非活用してみましょう :)

簡単にできる!エンチャント本の便利な使い方と作り方の3つの手順

2017.07.10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です