【Minecraft】ダイヤモンドの使い道は?効率的に手に入れる方法など3つを解説




ダイヤモンドそれはマインクラフトの中で一番貴重な鉱石です。なかなか見つけることができず初心者の方は特に見つけた時の喜びは大きいでしょう。

ではそのダイヤモンドにはどのような使い道があるのでしょうか?他にもダイヤモンドを効率的に手に入れる方法などの基本を解説していきたいと思います。

ダイヤモンドの使い道


ダイヤモンドの使い道はダイヤツールの作成に使うのがメインです。ダイヤの剣やダイヤのツルハシなどですね。ダイヤ装備にも数多くのダイヤモンドを使います。ダイヤ装備だけで24個のダイヤモンドを消費します。

これらは消耗品なので定期的に必要になるのである程度ストックが欲しいところですね。ロストした時の予備としても。余分に持っていても損はないでしょう。

ダイヤモンドのその他の使い道


他の使い道としてはエンチャントテーブルとジュークボックスのクラフトにダイヤモンドを使用します。エンチャントテーブルは終盤には必ずといっていいほど使うと思うので必須ですね。ジュークボックスは作る優先順位はかなり低いでしょう。

それ以外ではビーコンの土台としてダイヤモンドブロックを使うことができます。

ですが、鉄ブロックや金ブロックで代用できるので必ず必要という訳ではありません。

【Minecraft】エンチャントテーブルの作り方と使い方は?ダメな置き方など4つを詳しく教えます。

2015.06.15

【Minecraft】ビーコンの設置方法と使い方4つと注意点

2015.09.09

ダイヤモンドを効率的に手に入れる方法


ダイヤモンドを効率的に手に入れるには3つのポイントがあります。それが以下の3つです。

  • ダイヤの出やすい高さで探す
  • 幸運のツルハシで掘る
  • ブランチマイニングする

この3つのポイントを実践するだけでダイヤモンドが効率的に手に入れます。

ダイヤモンドよくある場所と高さ


ダイヤモンドはy1~y16の高さで見つけることができます。その中でもマグマ溜まりが少なく数の多いy11~y13の高さがダイヤモンドを手に入れるのに効率のいい高さと言えます。

深すぎても浅すぎてもダイヤモンドは見つけることができないので、岩盤より少し上を探すようなイメージを持っていると良いと思います。

1つの目安として「溶岩の近くにはダイヤモンドがある」というのを覚えておくと、洞窟で溶岩を見つけた時「ダイヤモンドが多い高さだな」と分かります。

y1とかy16ってなに?
yは高さを表しています。y1とは高さが1、y14は高さが14ということです。これらはF3(デバックモード)を押すと確認することができます。

因みに、一番下にある岩盤が高さが0なのでF3で確認しなくても、数えれば高さが分かります。

ブランチマイニングで効率良く探す


ダイヤモンドがたくさんある場所(高さ)が分かったらブランチマイニングをしてより効率的にダイヤモンドを探しましょう。

ブランチマイニングは同じ高さを直線に掘ることで、効率的に鉱石を探すテクニックです。

もちろん、ブランチマイニングをする際はy11~y13の高さでするようにしましょう。

幸運のツルハシでダイヤモンドを増やそう

ダイヤモンドを見つけることができたら、幸運のエンチャントが付いたツルハシでダイヤモンドを増やしましょう。

幸運というエンチャントをツルハシに付けることで、鉱石を確率ですが倍以上にすることができます。幸運のツルハシを使うのが一番効率が良いといっても過言ではありません。

もし、まだダイヤモンドに困っていないのであればダイヤモンドを壊さず置いてください。そして幸運の付いたツルハシが手に入ってから回収しましょう。

エンチャントってなに?
エンチャントとはツールや防具に特殊効果を付けることができる要素のことです。ツルハシの速度を上げたり、耐久値を上げたり様々な効果があります。

エンチャントについて詳しくは『【Minecraft】エンチャントテーブルの作り方と使い方は?ダメな置き方など4つを詳しく教えます。』で解説しています。

まとめ

  • ダイヤの使い道はダイヤツールとダイヤ装備
  • ダイヤを効率的に手に入れるには以下の3つがポイント
    • ダイヤのある高さを探す
    • ブランチマイニングする
    • 幸運で掘る

ダイヤモンドの使い道と効率的に手に入れる方法を解説しました。

ダイヤモンドはマインクラフトの中で最も価値のある希少な鉱石なので、あればあるほど生活が豊かになっていきます。

今回紹介したテクニックを手にして是非ダイヤモンドをたくさん手に入れてください :)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です