\ 期間限定キャンペーン /

  • マルチサーバーを自動構築できる
  • ポート開放・設定必要ない
  • 統合版(iOS, Android, Win10)完全対応

ConoHaVPSというレンタルサーバーに、
いま無料会員登録すると700円無料クーポンが貰えます。

ボタンを押すだけでマルチサーバーが建てられるので、
諦めた経験がある人でも大丈夫!

今だと期間限定キャンペーンとして無料で使えるので
このチャンスを見逃さないように↓

【マイクラ】左手(オフハンド)の使い方 – 両手持ちのコツ

設定関連

左手オフハンドの使い方と設定方法について解説します。

左手と右手を使うことで両手で作業することができます。両手が使えたら、「左手は松明、右手は剣」みたい役割分担できるのでめちゃくちゃ便利です。

そこでこの記事では、左手オフハンドの使い方と両手持ちのコツを紹介します。

\ 期間限定キャンペーン /

  • マルチサーバーを自動構築できる
  • ポート開放・設定必要ない
  • JE(PC, Java)版、統合版(Win10, スマホ)完全対応

ConoHaVPSというレンタルサーバーに、
いま無料会員登録すると700円無料クーポンが貰えます。

ボタンを押すだけでマルチサーバーが建てられるので、
諦めた経験がある人でも大丈夫!

今だと期間限定キャンペーンとして無料で使えるので
このチャンスを見逃さないように↓

左手の使い方

左手の使い方
インベントリの真ん中あたりにスロットがあります。

このスロットに置いたアイテムが左手で持つことができます。インベントリから左手に持ちたいアイテムを選ぶ感じです。逆に左手から外すこともできます。

左手のショートカットキー

Fキーを押すと右手に持っているアイテムが左手で持てます。

例えば、右手で松明を持っている状態でFキーを押すと、左手で松明を持てます。既に左手にアイテムをもっている場合は、左手と右手で交換する感じです。

このショートカットキーはとても便利なので、是非活用してください。

両手の使い方

左手が使えない例
上の画像は左手が使えない例です。

その理由は、右手で持っているアイテムが右クリック可能だからです。

左手と右手には優先順位があり、右手が優先して使われる為、右手で持っているアイテムが右クリックを使える場合は、右手が優先して使われ左手のアイテムは使えません。

左手が使える例
この画像の場合は、左手が使えます。

理由は右手で持っているアイテムの右クリックが何もない為、左手が優先されるからです。

利き手を変更する方法

利き手を変更する
今まで右手が利き腕として説明してきましたが、左手を利き腕として設定できます。

利き腕を変えるには、『設定→スキンのカスタマイズ→MainHand』を変更しましょう。これで、左手と右手が反対になります。

左手の使い道

  • 松明を持つ
  • 地図を持ってミニマップ
  • 盾と剣を両手持ち
  • 不死のトーテムを持つ

左手の使い道としてうえの4つがあります。

松明を持つ

左手の松明を持つ
左手で松明を持つと、洞窟探索で便利です。

例えば、左手に松明を持って右手に剣を持てば、安全に探索をしながら松明を置くことができます。いつでも沸き潰しができるので、安全ですね。

地図を持てばミニマップになる

左手で地図を持つ
左手に地図を持てば、ミニマップ風になります。

地図を両手で持つと画面いっぱいに写されて、穴に落ちたりする危険性が出てきます。ですが、オフハンドで地図を持てば小さく表示されてミニマップみたいに見ることができます。

これで前方不注意になることは少なくなるでしょう。

盾と剣を両手持ち

左手で盾をもつ
洞窟などのダンジョンでは攻撃だけではなくて防御も大事になってきます。ですが、剣から盾も持ち替えるのでは隙がでてとても危険です。

そんな時はメインハンドで剣を、オフハンドで盾を持つようにすれば、攻撃しながら防御ができて戦闘を有利に進められます。

不死のトーテムを持つ

左手で不死のトーテム
左手に不死のトーテムを持っていれば死にません。

不死のトーテムは、持っているだけで死を一度だけ無かったことにできるアイテムです。

攻略が難しいダンジョンや死ぬ可能性がある場所では、左手で不死のトーテムを持ちながら右手で作業すれば、いざという時も一度だけ助かることができます。

左手のまとめ

  • 左手は補助的な役目
  • 左手はFキーかオフハンドスロットに置く
  • 左手の使い道は、地図や盾、不死のトーテム

左手オフハンドの使い方についての記事でした。

左手を使えるようになると、より効率的にマインクラフトを進められるので是非活用してみましょう。最初は慣れないかと思いますが、そのうち慣れてきて便利になると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました