【Minecraft】湧き潰しする方法は?効率の良い方法とオススメ1つ

ゾンビやスケルトンなどのMobをスポーンさせたくない場合は、沸き潰しをする必要があります。

沸き潰しとは、敵対Mobがスポーンする場所をなくすことで、マイクラをしていくうえで重要なテクニックです。そこで今回は、沸き潰しをする方法とオススメを紹介したいと思います。

沸き潰しする方法


沸き潰しの基本は明るくすることです。明るくするには松明やジャックオランタンなどの光源ブロックを使用します。コスパ的にも松明を使う人が殆どですね。

難しい話になると、明るさのレベルが7以下でスポーンします。ですが正直「ここの明るさがレベル8だから…」とか考える人は極々一部でしょう。基本的には気にしなくても大丈夫です。

明るさが少ないところには影ができます。この影を無くすように松明を設置すればスポーンしなくなります。何も考えず松明を置きまくっても沸き潰しはできるよってことです。

松明を使わない沸き潰し


ハーフブロックやカーペットを設置することでも沸き潰しが可能です。その他ではレール、階段、ガラス、チェスト、感圧版、葉ブロックでも沸くのを止めることができます。

いわゆる透過ブロックと分類されるブロックですね。光を通すブロックの上には基本的にMobが沸くことはありません。明るくしたくない場合などはハーフブロックやカーペットを使うと良いでしょう。

またハーフブロックは下半分に設置してください。上半分に設置すると沸き潰しができないので注意しましょう。

効率の良いオススメの沸き潰し


オススメは5ブロック間隔で松明を置く方法です。一番主流で分かりやすい方法なのではないでしょうか。外観もよくみていて気持ちいいですね。

もちろん明るさは7以上を保っていて、敵対するMobが沸くことはありません。適当に松明を置いていく方法よりも、松明が節約できてコスパ的にもいいと思います。

残念ながら、洞窟などの沸き潰しは5ブロック間隔で設置することができないので、影が無くなる程度に松明を置いていくしかないです。なので、根気よくやるしかなさそうですね。

最近人気の無料ゲーム!『ハンターヒーロー』

おすすめの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です