【マイクラ】音符ブロックとは?作り方や使い方など

音符ブロックの作り方や使い方について解説します。

また、音程やオクターブ表の一覧やファミマの入店音など応用についても書いてあります。

音符ブロックとは

マインクラフト 音符ブロックとは
音符ブロックとは音程を鳴らせるブロックです。

音符ブロック1つでは1つの音しか出せませんが、何十個の音符ブロックを使うことで音楽を奏でることができます。難しいですけどね。。

1つの音符ブロックが「ドレミファソラシド」のどれかを鳴らせるということです。

簡単に作ることができるので家に入った時に音楽を鳴らすとか作れたら楽しいでしょう。

音符ブロックの作り方


音符ブロックは『木材8個』と『レッドストーンダスト1個』で作れます。

木材の種類はなんでも大丈夫ですが、1つの種類に統一しないと作れないので注意しましょう。オークの木材を使うなら全てオークの木材にしてください。

音符ブロックのレシピ

音符ブロックの使い方

ピッチ(1オクターブ目) 右クリック数
F♯/G♭ 0クリック
G 1クリック
G♯/A♭ 2クリック
A 3クリック
A♯/B♭ 4クリック
B 5クリック
C 6クリック
C♯/D♭ 7クリック
D 8クリック
D♯/E♭ 9クリック
E 10クリック
F 11クリック
F♯/G♭ 12クリック
ピッチ(2オクターブ目) 右クリック数
F♯/G♭ 13クリック
G 14クリック
G♯/A♭ 15クリック
A 16クリック
A♯/B♭ 17クリック
B 18クリック
C 19クリック
C♯/D♭ 20クリック
D 21クリック
D♯/E♭ 22クリック
E 23クリック
F 24クリック
F♯/G♭ 25クリック

音符ブロックは右クリックする度に音程が上がります。

上がその一覧にした表です。25回以降はもう一度最初に戻るので、最初に戻りたい時は25回クリックするか、一度壊すしかありません。

左クリックで殴ることで音程を変えずに音を鳴らすことができます。

また、音符ブロックの下のブロックの種類によって楽器が変わります。下がその一覧にした表です。

 

ブロックタイプ 楽器
木製のブロック ダブルベース
砂/砂利/ソウルサウンド/コンクリートパウダー スネアドラム
ガラス/ガラス板 クリック/スティック
石製のブロック/黒曜石/ネザーレンガ/ネザーラック バスドラム
金ブロック ベル
粘土ブロック フルート
氷塊 チャイム
羊毛 ギター
骨ブロック シロフォン
土、その他ブロック全て ピアノ

レッドストーン動力で鳴らせる

音符ブロックはレッドストーン動力で鳴らせます。

レッドストーン動力が入力されると設定されている音が鳴るので、これを繋げることで音楽を作ることができます。

リピーターなどを使って音がでるタイミングを調節するのがポイントです。

音符ブロックを使った曲

YouTubeやニコニコ動画では多くの音符ブロックを使った曲が投稿されています。

例えば「全然前世」や「君の名は」とかです。これらは全てMODを使わずにバニラ(そのまま)で作られています。なので、あなたでも作ろうとすれば作れますよ。

全てが作業では時間がかかるので、ツールを使う人もいるようです。

その中でも有名な「ファミマの入店音」の作り方の動画があったので紹介します。

音符ブロックでファミマの作り方


上の動画がファミマの入店音の作り方です。

「ファミファミファミーマファミファミマ」あの有名な音楽を簡単に作ることができます。最初からゆっくり解説されているので簡単に作れますよ!

PEにも対応しているので家の入口に作ってみてはいかがでしょうか!

音符ブロックのまとめ

  • 音符ブロックは「木材」と「レッドストーンダスト」で作れる
  • 右クリックすると音程を変えれる
  • 色んな曲を作れる

音符ブロックの作り方や使い方について解説しました。

使い方次第で面白いことができるのが音符ブロックなので、あなたが好きな音楽を自分で作ってみましょう。

100万円&豪華景品のチャンス!

レンタルサーバーで有名な「ConoHaVPS」が8周年記念キャンペーン中!!

総額100万円クーポンが貰えたり、
Switch」「iPad Pro」「HHKB」が当たるチャンス!

参加条件は「ConoHaアカウントを持っている
ことなので誰でも無料で出来ます。

持っていないならアカウントを作って参加しよう!

\ 8月4日(水) ~ 18:00 締め切り迫ってます! / キャンペーンサイトへ
シェアする
脱・初心者を目指すマインクラフト

コメント

悩みが解決しない場合

次の方法を試してみましょう。

Twitterで質問する

当ブログの管理者に質問してみましょう。絶対ではありませんが答えてくれるか、記事に書いてくれるかもしれません。

キーワードで検索する

悩みのキーワードを検索してみましょう。ブログにはたくさんの記事が投稿されています。