【マイクラ】TNTの作り方と使い方!使い道などの基本

TNTの作り方や使い道などについて解説します。

TNTとは爆弾のことで、爆発すると近くのブロックを破壊する効果を持っています。プレイヤーが近くにいると装備をしていても即死する威力ほどの威力です。

ですが、上手に使えばとても便利なブロックなので、作ってみましょう。

TNTの作り方

マイクラ TNTの作り方
TNTを作るには「」と「火薬」が必要です。

TNTを作るには砂と火薬が大量に必要になります。砂は砂漠に行けば簡単に手に入りますが、火薬はクリーパーを倒さないといけないので大変です。

クリーパーの他にウィッチを倒すことでも手に入りますが効率は悪いでしょう。

安定して火薬を手に入れるためにトラップタワーを作るのが効率がいいと思います。

TNTのレシピ

TNTの使い方(爆発方法)

  • レッドストーン動力
  • 火打石
  • 火で燃やす

TNTは上の3つの方法で爆発させられます。

火打ち石を使って着火して爆発させるのが主流です。火打石以外でも火を付ければ爆発します。マグマに当たったりとかね。

その他に、レッドストーン動力で入力されると爆発するので、レッドストーン回路を使って色んな仕掛けを作ることもできます。

TNTの爆発範囲

3x3x3の範囲が爆発されます。

ですが、これは近くにあるブロックの種類によって変化します。土などの場合はより広い範囲が壊れますが、石の場合、爆発する範囲は狭くなります。

あくまで目安としての爆発範囲です。

TNTの使い道

  • TNTで整地
  • TNTキャノン

TNTの使い道2つを紹介します。

TNT整地


TNTの爆発を利用して整地ができます。

TNTが大量にないといけませんが、効率的に広範囲を整地できます。慣れればダイヤモンドのツルハシで整地するより断然早いです。

ですが、鉱石もすべて爆発して消えてしまうので、アイテムが欲しい人には向いていませんね。あくまで整地したい人向けです。

TNTキャノン


TNTの爆風を利用して大砲を作れます。

この大砲のことを「TNTキャノン」と呼ばれています。TNTキャノンは色んな作り方があってどれが正しいとかはありません。

連射できるタイプもあれば、一気に大量のTNTを飛ばすタイプなど様々です。自分の好きなTNTキャノンを作ってみてください。

TNTをコマンドでだす

//TNTを1個手に入れる
/give @p minecraft:tnt 1

上のコマンドはTNTを1個手に入れるコマンドです。

一番最後の数字を好きな数字にすることで、その数だけTNTを手に入れることができます。

fillコマンドを使う

/fill ~10 ~10 ~10 ~0 ~0 ~0 minecraft:tnt

fillコマンドを使えば一気にTNTを設置できます。

ワールド一面をTNTにできるので使い方次第では面白いかもしれませんね。ですが爆発したら大変ですよ。。

上のコマンドは11×11のTNTの塊をだすコマンドの例です。

TNTの小技

触ったら着火するTNT

TNTには「Unstable」というブロック状態があります。

Unstableにはtrueとfalseの値を指定することができ、trueの場合は叩くことで着火されます。デフォルトではfalseが指定されているので、着火されずにアイテムとしてドロップします。

ブロック状態を変更したい時はデバック棒を利用するか、コマンドでブロック状態を指定してください。

また、以下のコマンドを実行するとUnstableがtrueのTNTが手に入ります。

/give @p minecraft:tnt{BlockStateTag:{unstable:"true"}}

100万円&豪華景品のチャンス!

レンタルサーバーで有名な「ConoHaVPS」が8周年記念キャンペーン中!!

総額100万円クーポンが貰えたり、
Switch」「iPad Pro」「HHKB」が当たるチャンス!

参加条件は「ConoHaアカウントを持っている
ことなので誰でも無料で出来ます。

持っていないならアカウントを作って参加しよう!

\ 8月4日(水) ~ 18:00 締め切り迫ってます! / キャンペーンサイトへ
シェアする
脱・初心者を目指すマインクラフト

コメント

悩みが解決しない場合

次の方法を試してみましょう。

Twitterで質問する

当ブログの管理者に質問してみましょう。絶対ではありませんが答えてくれるか、記事に書いてくれるかもしれません。

キーワードで検索する

悩みのキーワードを検索してみましょう。ブログにはたくさんの記事が投稿されています。