【Minecraft】チェスト5種類の作り方と置き方までの基本を解説

装飾ブロック

冒険を進めていくとインベントリがいっぱいになってきます。その時に活躍するのがアイテムを保管することができるチェストというブロックです。

チェストは5種類あるのでそのすべてを解説したいと思います。

チェストの作り方


チェストは木材8つで作ることができます。木材の種類はなんでもよく混ざっていても大丈夫なので作りやすいです。

チェスト1つを作るのに木材が8つ必要になるので、原木を2つあれば作ることができます。これなら序盤のうちでもすぐ用意できそうですね。

大切なアイテムは失ってしまう可能性があるのなら、早めにチェストに入れておいた方がいいかもしれません。

ラージチェストの作り方


チェストを2つ横に並べるとラージチェストという容量が二倍のチェストに変わります。小さなチェストを何個も置くよりラージチェストにした方が見た目も良く収まりますね。

ここでひとつ重要なのが、ラージチェストの横にチェストを置くことができないというところです。上の画像で1ブロック開けているように、横に置くことが仕様上不可能となっているので注意してください。

チェストの上にチェストを置きたい場合

チェストの上にチェストを置きたい場合、チェストが開いてしまって設置できないという悩みがありますが問題ありません。

Shiftを押しながらチェストを設置することでチェストを開かずに設置することができます。これはチェストに限らずディスペンサーやドアなど、右クリックに反応するブロック全てに有効なので覚えておきましょう!

チェストの使い方


設置したチェストを右クリックするとチェストを開くことができます。チェストを開くと上にアイテムを入れることができるスロットのあるGUIが開かれるので、そこに入れたいアイテムを移動させていきます。

ドラッグアンドドロップで移動させることもできますし、Shiftを押しながら左クリックでも移動させることができます

取り敢えず入れたい場合などはShift+左クリックを使うと早く入れることができるのでオススメです。

アイテムの移動が終わったらE(インベントリを閉じる時と一緒の)キーを押せばチェストを閉じることができます。

チェストの種類

  • チェスト
  • トラップチェスト
  • チェスト付きトロッコ
  • エンダーチェスト
  • シュルカーボックス

チェストは主に5種類あります。

その中の普通のチェストを抜いた4種類を紹介します。

トラップチェスト


開閉時にレッドストーン信号を放出する特殊なチェストです。

それ以外には普通のチェストと変わらずアイテムを保管することができます。こちらもラージチェストに対応しています。

チェスト付きトロッコ

普通のトロッコにチェストが付いたトロッコです。

長距離をトロッコを使って移動する際のアイテム運搬用として活躍します。

エンダーチェスト

一言でいえば四次元ポケット化したチェストといったところ。

とても便利なのですが作成コストが高めになっているので終盤でないと使う機会が少ないかもしれません。

シュルカーボックス

通常のチェストは壊したらアイテムがばら撒かれます。

ですがこのシュルカーボックスはばら撒かれずにそのまま保管されます。なので上手く使うとインベントリが実質的に増えるという素晴らしいチェストなのです!

最後に

いかがだったでしょうか。チェストだけでも5種類もの種類が存在していてそれぞれ活躍する場面が違います。序盤から終盤までずっとお世話になっていくブロックなので是非使い方と種類を覚えていってください :)

装飾ブロック

【速報】今ならマイクラ専用レンタルサーバーが無料で借りれる!!

  1. レンタルサーバー(ConoHaVPS)に無料会員登録
  2. サーバーを立てるをクリック
  3. すぐ遊べる
いまだけ700円無料クーポンが貰えるキャンペーンをしています!

クーポンが貰える条件は『会員登録』するだけ!無料でできます。

無料期間中に取り敢えず登録すれば、完全無料で試せる素晴らしいチャンス

いつ終わるか分からないから、損するまえに会員登録しましょう↓ 無料会員登録はこちらから
脱・初心者の人(管理人)をフォローする
脱・初心者を目指すマインクラフト

コメント

タイトルとURLをコピーしました